menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて
  2. -(再)バレーボールでお見舞い申し上げます。熊本大地震の被災 2-
  3. お見舞い申し上げます。何もできず恐縮です。 熊本大地震の被災
  4. 五輪最終予選兼アジア大陸予選女子の展望
  5. 【募集】バレーボール教材に関する、仕事のご依頼です。
  6. また出合った!セレンディピティー体験
  7. 公開しちゃいます!:福島・白河ひがしクラブ講習会のメニュー
  8. 「回転・場所・時間」で攻めろ!-卓球に学ぶ、戦略術
  9. さて、またまたセレンディピティーだ! -卓球に学んだ!-
  10. すごい、優秀!ドーピング違反件数からみる日本のスポーツ指導・コーチング…
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

ほんの少しのきっかけが大切!その2

梅雨でしょうね、?
今週は結構雨が降ってますよ。
今22時38分ですが、外から雨あしが道路をたたく
音が聞こえます。湿度が高くて不快ですねぇ、
皆さんバレーボールに勤しんでいますでしょうか?

バレーボールプレーヤーの問題は、コートの中でのみ解決できる!2

ある群馬のチームのリベロがチーム的な悩みを抱えて、
コートの中に入れなくなっていました。そして、
アドバイスを請け負いました。

サーブレシーブがネット越しになってしまって、
落ち込んでいるとのこと。関東大会の地区予選を控えて、
チームの守備の中心になっていると思われるAさんの悩み。

コートに出れなくなったAさんに、
「問題の解決場所はコート以外にはない」
と励ましました。そして彼女は逃げずに色々な
プレッシャーに立ち向かいました。

今週はその後日談を紹介します。
先週末に、彼女の群馬県S高校に招待コーチに行ったのです。
そこで見たものは少々感動的でした。あのAさんが、
素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

あの悩んでいた時とは見違えるばかりのプレーの安定ぶりです。
この日も大学生を含めた4チームが集まって来ました。
練習試合が早速始まりました。

その時の彼女をパフォーマンスはワンダフル!

データを取らず目測ではありますが、サーブカットの
返球率が80パーセントもあったのではないでしょうか。
驚異の数字です。

あの5月ゴールデンウィーク、長野の合宿好調を維持しているとか。
合宿の2週間後にあった公式ゲームでは分の悪いチームにも
今までにないような試合運びをしたと監督の先生。結果、
勝ちに結びついたとか。これはすごい。

ちゃんと結果まで残してしまったのですね。
完全復調おめでとう!

これは勝ちというより、困難に打ち勝った「価値」、
違う意味での勝利ということだと思います。

練習試合の内容を観ていると成長の証が随所に出ていました。
まずは、

・サーブレシーブが安定していたこと。
→観ていて安心感が出ます。短い時間に失点をしないので、
ゲームが引き締まり、おもしろくなります。選手自身も
乗ってくる要因となります。

→ミスしても怖じ気づかない。ばたばたしている雰囲気が
ないのでこれも落ち着いて観てられます。そして次に
何が起こるかという期待が膨らみます。

→セットを取っても喜び過ぎない。自分たちの課題が
わかっていて、それが達成されたかどうかに集中しており、
セットを取ることが目的でないことがわかっている。
ですから常に前向きなムードが発信されていて、
さわやかな感じを醸し出していました。

さて、今週はこのAさんチーム(学校)最大の目標である
インターハイ予選が行われるとのこと。今までの練習の成果、
一生懸命にやってきたことの証しを試合で出し切って欲しいと
祈っています。

一つの小さなきっかけで自らのスランプの脱出に成功した
リベロAさん、思い切りコート、すべてを飲み込んだ場所で、
そのエネルギーを発揮して下さいね。

コーチの遣り甲斐、妙味はこんなところにあるものなのですね!?
勉強になりました。
次回に続く。

【編集後記】

プレミア女子のパイオニアウイングスが廃部!(5/23)

非常に残念でしかたありません。
実は、私は廃部したチームの親会社に所属した経験があります。
その時はチームからは離れOBという立場ではありましたが、
自らコーチ、監督として心血を注いだチームがなくなることは
断腸の思いでした。

これは野球の話ではあります。
「日本野球連盟によるとピーク時に200を超えていた
企業チームは、80台まで落ち込んだ」。
(読売新聞 6/6(コラム)「解」:企業スポーツの意義より)

「かつての強豪で専用グラウンドも持つ社会人野球チームが、
経営危機に陥った会社のリストラ方針によって、「負けたら廃部」
という崖っぷちに立たされる――。

TBS系列で放送中のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」には、
企業スポーツが置かれた立場の厳しさが描かれている」。
(同紙面より)

バレーボールも同じようなことがありましたし、
現に現在もあり、これからも起こるでしょう。しかし、
「ドラマでは、当初野球に関心を持たなかった社長が、
スタンドを埋め尽くした多くの社員が声をそろえて
応援するのを見て、廃部をいったん棚上げする」のです。

そうです、スポーツの効用ははかり知れないものがあります。
ただそれが会社の利益にどのように結びついているのか
具体的な検証が難しい。だから会社は赤字になれば
コスト削減のために、まずスポーツクラブをはき捨てます。

パイオニア現象になるのか、ルーズヴェルト・ゲーム的になるか?
その判断は、大きな別れ道になります。

関連記事

  1. 優勝決定!?プレミアリーグ

  2. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて

  3. 激闘アジア大会を振り返る

  4. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き

  5. Vプレミアリーグ、レギュラーラウンド大詰め!

  6. -冬の増刊号- 閑話休題3&「冬の講習会―福島白河編」

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんばんは。バレーボールメルマガ(メルバレ)の加藤です。4/29金曜日に今度は…
  2. みなさんこんばんは。バレーボールメルマガ(メルバレ)の加藤です。地震回数 800…
  3. %lastname%さんこんばんは。バレーボールメルマガ(加藤)です。また5年前の激しい…

おすすめ記事

  1. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて
  2. -(再)バレーボールでお見舞い申し上げます。熊本大地震の被災 2-
  3. お見舞い申し上げます。何もできず恐縮です。 熊本大地震の被災
ページ上部へ戻る