ディグ(スパイクレシーブ)に関する記事一覧


レシーブ 練習メニュー ディグ(スパイクレシーブ)

安定したディグができるようになるおすすめの練習メニューをご紹介します。今回ご紹介する練習メニューでは、特に左右方向に飛んできたボールに対する正しい動き方・フォームを身に付けることができますので、ぜひ取り入れてみてください!

レシーブ ディグ(スパイクレシーブ)

あなたは、バレーボール用語の「パンケーキ」をご存知ですか?バレーボールで使われるパンケーキとは、「床とボールの間に手を差し込んで手の甲で上げるレシーブ」のことを言います。やや難易度は高めですが、いざというときに成功するととってもカッコいいレシーブ技術です!

レシーブ ディグ(スパイクレシーブ)

バレーボール競技者であれば、二段トスの場面などで「パスを遠くに飛ばせる力」を身に付けておく必要があります。「パスが遠くに飛ばない・・・」と悩んでいる方は、必見!今回は、パスが遠くに飛ばない原因と改善法をお伝えします。

ディグ(スパイクレシーブ)

強烈なスパイクをレシーブするのは誰しも「怖い」と思ってしまうものですが、その思いの程度が強くなればなるほど、バレーボールそのものに苦手意識を持ってしまう方もいます。そんな方のために、今回はディグが怖くなってしまったときの克服方法をご紹介したいと思います。