menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

サーブレシーブの重要性

新年度がスタートを切りました。
皆さんにもなにかしら変化があったのでは
ないでしょうか、卒業、進学、就職、
職場の異動等々。

春この時期は終わりと始まり、別れと出会いが
交錯する十字路交差点。さまざまな思いを胸に
新生活に向かう方も多いことでしょう、

新たな生活、そして、皆さんの
バレーボールライフの充実を願ってやみません。

バレーボールは、サーブとサーブレシーブ(レセプション)か?!
(重要度のこと)

小学校バレーボールの監督MSさんと話していました。
新チームになっての初公式試合だったそうです。
1、一試合目は緊張から出足悪く、1セット目を先行される。

2、しかし、2セット目から自らのペースで試合を運ぶことができ、セットを取り返す。

3、最終セットも2セット目からの調子を維持することができフルセットで勝ち。

4、2試合目は少し時間があいての実施だったが、1セット目から自らのペースをつかむ。

5、2セット目は逆にもたついてしまったが、なんとか振り切り2勝目を挙げた。

とのことでした。
そこで、1、と2、の違い、また、一試合目と二試合目の
差はなんだったのかを聞くと、サーブとサーブレシーブ
(レセプション)の巧拙に違いがでたそうです。

要するに1試合目は、出だしでこれが悪く、
2試合目ではそれが良かった。なるほど。
先日、Vプレミアリーグのファイナルが行なわれ、
2016-17シーズンの勝者が男子、東レ、女子、NECに決定しました。

長いリーグ戦を戦い抜き、栄誉を摑みとった
両チームの選手、スタッフや関係者の方々、本当におめでとうございます。
この勝者と敗者にどういった違いがあったのでしょうか。
究極突きつめると、小学校バレーボールの勝敗の
良い悪いに関わったあるバレーボールのキーポイント、
そうです、サーブとサーブレシーブ(レセプション)の
出来に立ち返ることが多いと思うのです。

◎問題提議、バレーボールは、本当は、究極の個人競技では?

「あの試合もっとサーブレシーブが出来ていたら」。
「サーブレシーブが良かったので攻撃にスムーズに繋げられた」。
「今日はサーブが走っていたので、楽に試合を進められた」。
「あの最終セットの22-23のときのサーブミスが大きかった」。

試合後の監督コーチの皆さんからよく聞く感想です。
こういう声がたくさん出るということは、何んらかの
勝敗に関する大きな関与がこの2つのプレー(技術)に
あるということでしょう?!
サーブはクローズドスキル(技術)、他のプレイは
オープンスキルといった運動の区別となろうと思います。
但し、サーブレシーブもどちらかと言うとクローズドに近い
オープンスキルではないかとボクは思っています。
クローズドスキルは主体が自分にあります。
例えばゴルフのショット、バスケットボールのフリースロー
などがそれに当たります。要は外的要因に左右されない。
そして、自分の意のままにボールを扱えるスキル。

・比較的安定した状況。
・技術の要素が多い。反対にオープンスキルは相手との
やり取りに対応する技術ですから、主体が相手という
ファクターを含みます。

例えばサッカーでの相手とのボールの競り合いとか、
格闘技における業の仕掛けあいとか。
相手という外的要因影響を受けます。
状況に最もふさわしいプレイを選択する能力
・技術(クローズドスキル含む)+判断力
・判断の要素が多い。

ですから、サーブについては自分側の問題が大きく関わってくる。
そこで考えられるのが、メンタル=精神的な部分。

比較的安定した状況というのは、このスキルが使われる
場面では、間合いというのでしょうか時間があります。

たとえばサーブの場面、見方がポイントを取って、
後サーブに入る、そして、レフリーのホイッスルで
合図があり、8秒の内にサーブレシーブを行なう。

この一連のサーブ行為、結構な時間が存在します。
その時間約20秒(多少の前後はあると思いますが、、、)
あの時緊張してしまい、力み過ぎて、サーブがオーバー
してしまった、頭が真っ白になって強く打つべきところが
チャンスサーブになってしまった。

こんな場面によく遭遇します。
話を元にもどして、MSさんの話、
「一試合目の1セット目は緊張で・・・」の件、
やはりサーブが機能していなかったようですね。
それが相手に先手を取られた大きな要因になったようです。

そして、2セット目からは周りの雰囲気、相手の戦法に
慣れた頃から、普段通りの実力が出た、サーブも
上手く打てたと解釈できます。
さて、サーブレシーブはどうなのでしょうか。
オープンスキルであることは間違いありません、
相手のサーブ、飛来したボールに対処するわけですから。
しかし、先に示した、

・比較的安定した状況
・技術要素が強い

の2点から、限りなくクローズドスキルに近いと理解できます。
ですからこちらもメンタル的な技術を多く含むということです。
前述の相手サーバーがその動作に入るまでの約20秒+サーブが
打たれて、サーブレシーブのプレーヤーに到達するまでの
約1~2秒弱の間に、考える時間を有していることがボクの
主張を後押しします。

そして、特に相手が無回転の変化するサーブできたときは、
その飛来時間内においても、かなりのメンタルプレッシャーを
受けますね。
さてこの究極のバレーボールゲームにおける課題の2つ。
どう練習でアプローチすべきでしょうか。
少し考えて行きましょう。

関連記事

  1. サーブレシーブの形

  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法

  3. サーブレシーブの練習

  4. サーブレシーブのポイント

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る