menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「アタック」と「スパイク」について
  2. スパイクの「シフト-ヒット」について
  3. スパイクのテイクオフからサスペンションについて
  4. スパイク動作のテイクオフについて
  5. スパイクのスイングについて
  6. スパイクの踏み込みについて
  7. アタック・スパイク・攻撃
  8. 急ぎお伝えしたい「セッターのステップ」について
  9. バレーボールパフォーマンスを向上させる5つの基礎要素
  10. ゲームを有利に進めるためのサーブ
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

アンダーハンドパスでありがちな指導法

アンダーパスやレシーブで
腕を振ってしまう選手。
バレーボール初級者に
よくある「悪いクセ」です。
腕を振ってしまうと
必要以上にボールが飛んでしまい
相手コートに返ってしまったり、
向ってくるボールに対して
腕を振ることから片手にボールが当たり、
左右にブレてしまったりして
コントロールが難しくなりますよね。
また、腕を振ってしまう選手に対して
「腕を振るな!」
と教えているところをよく見かけますが、
「腕を振るな!」という指導は、
絶対にしないでください。

関連記事

  1. サーブレシーブの重要性

  2. サーブレシーブのポイント

  3. サーブレシーブの練習

  4. サーブレシーブの形

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. こんにちは!今回は、このところ多くの講習会で質問の多い攻撃についてです。…
  2. こんにちは!今回は、スパイクスイングの次の段階、シフト-ヒットについてお話しします。…
  3. こんにちは!今回は、スパイクの3.テイクオフからサスペンション:スパイクのスイングについ…

おすすめ記事

  1. 「アタック」と「スパイク」について
  2. スパイクの「シフト-ヒット」について
  3. スパイクのテイクオフからサスペンションについて
ページ上部へ戻る