スイングフォームはボール投げでつくる【初心者向け】

サーブ スパイク トレーニング

 

バレーボールをはじめて最初の頃は、基本のフォームを身に付けるところからスタートします。

最初に覚えたフォームが自分の土台となり、一度定着すると簡単には変えられなくなりますので、最初の段階で正しい基本のフォームを身に付けておく必要があります。

今回は、バレーボールのテクニックの中でも特に動きが複雑なスパイク・サーブに焦点を当て、スイングフォームのつくり方をお伝えしたいと思います。

実は、簡単な「ボール投げ」の動作で基本的なスイングフォームは身に付けることができるのです。

(今回の内容は、バレーボールをはじめて間もない初心者の方向けです!)

 

◆ ボール投げでスイングフォームを手に入れよう ◆

先程もお伝えしたとおり、バレーボールのスイングフォームは「ボール投げ」の動作で身に付けることができます。

正しいボール投げのフォームをマスターしましょう!

 

~ボール投げのフォーム~
 
 1.ボールを持っていない方の足を1歩前に出し、頭より上の高い位置でボールを持って構える
 
 2.前足を踏み出しながら、ボールを持っていない方の手は上に伸ばし、ボールを持っている方の手は後ろに引く
 
 3.頭の上を通すように高い位置を保ったままボールを投げる

 

これが、一連のボール投げの動作です。

さらに、ここでのポイントが2点あります。

 

 ・ボールを持っている方の手を後ろに引くとき、肘の位置は動かさない
 
 ・実際にボールを打つことをイメージし、高い打点で投げる

 

この2点は必ず押さえておきましょう(肘の位置が下がれば打点は下がります)。

ボール投げをするときは、実際にボールを打つイメージをしながらおこなうということが大切です。

実際にボールを打つイメージをして取り組むことで、練習や試合でスパイクやサーブのスイング時に落とし込みやすくなります。

また、このボール投げは、上半身を全体的に使う動作のため、ウォーミングアップとして適していますよ。

筋肉や関節をあたためて動かしやすい状態をつくり、かつスイングフォームが身に付くので、一石二鳥です!

 

 

いかがでしたでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、最初の段階で正しい基本のフォームを身に付けるということは、スイングフォームに関わらずあらゆるテクニックにおいて最も大切なことです。

基本がしっかりとできていれば、応用技術がすんなりと身に付くようになります。

今回ご紹介した内容は、ぜひ初心者が多いチームには取り入れていただきたいメニューです。

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!