menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

スイングフォームはボール投げでつくる【初心者向け】

 

バレーボールをはじめて最初の頃は、基本のフォームを身に付けるところからスタートします。

最初に覚えたフォームが自分の土台となり、一度定着すると簡単には変えられなくなりますので、最初の段階で正しい基本のフォームを身に付けておく必要があります。

今回は、バレーボールのテクニックの中でも特に動きが複雑なスパイク・サーブに焦点を当て、スイングフォームのつくり方をお伝えしたいと思います。

実は、簡単な「ボール投げ」の動作で基本的なスイングフォームは身に付けることができるのです。

(今回の内容は、バレーボールをはじめて間もない初心者の方向けです!)

 

◆ ボール投げでスイングフォームを手に入れよう ◆

先程もお伝えしたとおり、バレーボールのスイングフォームは「ボール投げ」の動作で身に付けることができます。

正しいボール投げのフォームをマスターしましょう!

 

~ボール投げのフォーム~
 
 1.ボールを持っていない方の足を1歩前に出し、頭より上の高い位置でボールを持って構える
 
 2.前足を踏み出しながら、ボールを持っていない方の手は上に伸ばし、ボールを持っている方の手は後ろに引く
 
 3.頭の上を通すように高い位置を保ったままボールを投げる

 

これが、一連のボール投げの動作です。

さらに、ここでのポイントが2点あります。

 

 ・ボールを持っている方の手を後ろに引くとき、肘の位置は動かさない
 
 ・実際にボールを打つことをイメージし、高い打点で投げる

 

この2点は必ず押さえておきましょう(肘の位置が下がれば打点は下がります)。

ボール投げをするときは、実際にボールを打つイメージをしながらおこなうということが大切です。

実際にボールを打つイメージをして取り組むことで、練習や試合でスパイクやサーブのスイング時に落とし込みやすくなります。

また、このボール投げは、上半身を全体的に使う動作のため、ウォーミングアップとして適していますよ。

筋肉や関節をあたためて動かしやすい状態をつくり、かつスイングフォームが身に付くので、一石二鳥です!

 

 

いかがでしたでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、最初の段階で正しい基本のフォームを身に付けるということは、スイングフォームに関わらずあらゆるテクニックにおいて最も大切なことです。

基本がしっかりとできていれば、応用技術がすんなりと身に付くようになります。

今回ご紹介した内容は、ぜひ初心者が多いチームには取り入れていただきたいメニューです。

 

関連記事

  1. サーブにおけるボール回転

  2. -梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があった!?…

  3. 続々々、発想の転換を図ってみよう!

  4. 押さえておきたいフローターサーブのコツ

  5. -グランドチャンピオンズカップ2013開幕!-

  6. スモールバレーボールに光を当ててみる!

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る