menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?
  2. 開幕直前リオ五輪、全日本女子の実力迫る!
  3. リオ五輪開幕直前、全日本女子どうだ
  4. -お・ト・クな夏情報【パート3】-
  5. -【続】梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があった2!…
  6. -梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があった!?
  7. -エッセイ風、気持ちがいいということ- ⇒「最終回_五輪最終予選兼アジ…
  8. 今一度振り返る。 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)の結果
  9. ごめんなさい! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)閉幕
  10. さて、今度は男子だ! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)開幕
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

-真夏に考える!バレーボールの面白み。

このところ随分涼しくなった感のある当方の地元。
お盆も過ぎ、都心から外れること約70キロ。

今までと空気が違う、あれっ、これは秋を知らせる虫が鳴いているぞ??
田舎の駅舎での出来事。そうだぁ、そうなんだぁ!徐々にすでに秋は
音もなく近づいている・・・

皆様、残暑お見舞いを申し上げます。
如何お過ごしでしょうか?

さてさて今年のバレーボールの最大のイベントも差し迫っています。

そうです、あなた様ももうお分かりでしょう!
4年に一度のワールドカップが日本で開催されます。

“FIVBワールドカップバレーボール”とは、
国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する4年に1度の世界大会。

オリンピック、世界選手権と並んで
バレーボール3大大会として位置付けられている。

大会に出場するのは世界の強豪男女各12チーム。

開催国(日本)、世界選手権・優勝国に加え、
各大陸予選を勝ち抜いた、優勝国と準優勝国が出場。

上位2チームには2016年リオ五輪の出場権が与えられる。
(※2016年リオ五輪開催国であるブラジルを除いた上位2チーム)“
「フジテレビ バボちゃんネット(HP)より引用」

女子は8/22のアルゼンチン戦を皮切りに、9/6まで。
それに続き男子は、9/8のエジプト戦から9/23まで熱戦が繰り広げられます。

とにかく、上位2位までが来年のリオ五輪の切符を
手に入れることができるのですから、真剣勝負が展開すること間違いなし。

女子はワールドランキング4位の射程圏内!?
どう世界の強豪に立ち向かうかとても楽しみです。

ここで少し玄人目の観戦ガイド。
「こうして観たらもっと面白くなる」

全日本女子監督の真鍋監督のコメント
(先月ワールドグランプリ決勝リーグで惨敗した後)が参考になります。

「ブラジルは動きも速いし、アタックを見てもパワーが全く違う。
それを追求しても、日本選手にはいないので、スピードを重視しないと世界では勝てない。

(上位の)ブラジル、米国、中国を相手にした時、
生命線のディグ(レシーブ)が上がらない。

米国、中国以上の(強烈な)アタックを受けないと(練習しないとボールは)
上がらない。」ここで、真鍋監督は、世界の上位チームと対戦するときの課題を
明確にしています。

この敗戦から約一ヶ月近く、その修正がなっているかどうか?
大変興味は尽きません。

ガンバレ、日本!

◎8月初、小諸「信州青少年の家」にての恒例夏季合宿に参加。

この講習でのテーマは先週お伝えした通り、以下の3つでした。

①レセプション(サーブレシーブ)をより確実にする。
②威力のあるサーブを打つ。
③スパイク、ブロックにおける空中でのボディバランスとコントロール。

どんなことをやったのか、その前週の山形田川地区の
講習会のときの様子も絡めてお伝えするコーナーです。

まずは①番目。

ここでの謎解きのキーワードは「無理しない」こと。
そう、レセプション(サーブレシーブ)を確実にするためには、
「無理しない」ことが大切です。

そのココロは??

(^□^)゛゛次週にて。

【編集後記】

Ⅰ「レシーブのスタートポイント」
Ⅱ「フェイントの拾い方について」

読者の方からいただいたこの2つについてお答えしています。

Ⅰについて。

「相手スパイク(アタック動作)が始まるときに、準備をする。(その構えを取る。)

バレーボールでは構える(カバーリングと言います。)タイミングが
大よそ決まっています。

簡単にいうと相手から返球される時には、
相手がボールに触れた(コンタクト)した瞬間(スパイクやパスでの返球等)、

また、味方から出るパス(レシーブや
レセプション(サーブレシーブ))についても同様で、

味方がボールを弾く瞬間も
その「構える」瞬間に数えることになります。

要するに相手や味方がボールに触れた瞬間、
次のボールの方向、そのボールのスピードや回転の具合などが判明するわけです。
(特に自分にボールが来る可能性のある場合は大切です。)

まさしくボールに意思が乗り移る瞬間、
もしくは触った選手の意思を無視して(ボールが)

暴走する瞬間(相手やボールの意図?が味方を上回ってしまう時)。
その時に構えておかないと、想定外の行動を迫られ、対応に遅れてしまいます。

話を元に戻しましょう。レシーブ(ディグ)のスタートポイントは、
相手がボールをコンタクトして、それに魂を入れ込んだ瞬間に同時に構えて、

そのボールの意思(相手の意図)を読んで(観て)その方向にスタートをきり、
自ら対応する。もしくは味方の誰かに任せ、自分は次の行動を取るなどの判断をするわけです。
バレーボールの奥義と言える「つなぎ」の核心部分です。では、ご活躍を!

関連記事

  1. 開幕直前リオ五輪、全日本女子の実力迫る!

  2. 特番!「バレーボールの面白み」

  3. 日本代表シーズンLet’s Begin!

  4. 【募集】バレーボール教材に関する、仕事のご依頼です。

  5. 全日本男子への応援歌No1. 「Play hard, play …

  6. 「結果」と『プロセス』の評価

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんばんは。バレーボールメルマガ(メルバレ)の加藤です。今週も開幕直前スペシャ…
  2. みなさん、こんばんは。バレーボールメルマガ(メルバレ)の加藤です。Happy again…
  3. みなさん、こんばんは。バレーボールメルマガ(メルバレ)の加藤です。Happy and w…

おすすめ記事

  1. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?
  2. 開幕直前リオ五輪、全日本女子の実力迫る!
  3. リオ五輪開幕直前、全日本女子どうだ
ページ上部へ戻る