セッター トス

セッター唯一の攻撃方法であるツーアタックは、必ず身に付けておきたいテクニックです。相手の隙をつく攻撃であるため、スパイクのような頻度では繰り出せないテクニックにはなりますが、状況を見極める力がついていればスマートに得点を決めることができます。ツーアタックをマスターして攻めのセッターを目指しましょう!

セッター トス

今回は、トスの基本とポイントについてお話します。セッターは、正確で打ちやすいトスを上げることはもちろんですが、相手のブロッカーにトスを上げる場所を見破られないような意識も必要です。とても重要なポジションなので、基本からしっかり身に付けておきましょう。

トス

レシーブが乱れて、セッターに上手くボールが返らない場合に上げるトスが二段トス。二段トスは、どのポジションの選手も使う可能性があるプレーですので、全員が習得しておく必要があります。今回は、二段トスの方法とポイントをお伝えしたいと思います。

その他

今回は、ウォーミングアップの目的というテーマでお話をしていきたいと思います。ウォーミングアップの主な目的として、筋肉や関節をほぐして動かしやすくするということが挙げられますが、実はそれだけではありません。特に初心者が多いチームの指導者の方は、今回ご紹介する内容をぜひ押さえておいてください!

サーブ

こんなサーブミスは気をつけたい!今回は、確実に入れるサーブの方に焦点を当て、サーブミスしてはいけない場面を一緒に確認していきたいと思います。

メンタル

あなたは、指導者の役割について考えたことがありますか?バレーボールの技術を教えることはもちろんですが、「バレーボールを通じて何を育ててあげるか?」と考えて指導にあたることが非常に大切です。今回は、指導者向けに、バレーボールの指導において大切な考え方をお伝えしたいと思います。

スパイク オフェンス

今回は、スパイクに焦点を当てて、いろんな種類のスパイクを紹介したいと思います。コンビネーション攻撃の手数は、多くあるに越したことはありません。いろんな種類のスパイクが打てる選手を育てることがチームの攻撃力アップにもなると言えますので、指導者の方はスパイクの種類を覚えておきましょう。

サーブ

今回は、ある程度サーブ技術が身に付いてきたときにチャレンジしたいジャンプサーブの方法をご紹介したいと思います。一般的に難易度が高いとされているジャンプサーブですが、しっかりポイントを押さえておけば習得することができます。ジャンプサーブの方法と併せてポイントもお伝えしていきますので、ぜひ押さえておいてください!

レシーブ

走ってもレシーブが追いつきそうにない… そんなときには、思い切り飛び込んでレシーブをしましょう!相手の強烈なスパイクによって味方のディグが大きく跳ね返されたときなど、飛び込まないとボールが取れない場面も出てきますよね。今回は、フライングレシーブと回転レシーブのポイントをお伝えします。

サーブ

攻撃の第一手でもあるサーブでは、相手に得意の攻撃をさせない状況にもっていくことが最も大切ですので、狙うポイントがとても重要になります。じゃあ具体的にどのポイントを狙って打つのがいいの?という疑問を抱かれた方のために、今回は「サーブで狙うべきポイント」についてお話したいと思います。