堀大輔

セッターには、チームの司令塔やトス回しなど色々な役割があります。そんなセッターですが、勘違いしてはいけないこともあります。それは、一体何なのか?

辻 貴大

バレーボールにおいて、メンタルは非常に重要な要素です。ミスが直接失点につながるため、良いメンタル状態を保つことが求められます。そのため、自身のメンタルが良い状態にあると錯覚させるマインドが必要です。

指導法 川端 健太

選手を指導するときに、フォームの指導をしますよね?その時に、上達する選手としない選手がいます。その差は一体何なのでしょうか?

練習メニュー ブロック

バレーボールにおいてブロックは、相手選手に対して最初の壁です。ブロックして得点を取ることもできますし、レシーバーのために攻撃範囲を絞ることもできます。そのため、ブロックの成功率を上げることは、チームが勝つためにも重要になってきます。

レシーブ 関口公彦

スパイクレシーブが上手くできるようになると、一気に自チームのチャンスになります。そのため、スパイクレシーブを上手く上げる技術は必須です。しかし、どれだけ上手くても反応が間に合わなければ意味がありません。ですから、スパイクレシーブの反応を速くしましょう。

スパイク

スパイクで得点を取れるアタッカーは、チームにとってとても大事な選手です。そのため、スパイクを鋭角に打つ選手もいます。しかし、鋭角に打つからと言って必ず得点が決まるわけではなく、メリットやデメリットがあるんです。

指導法 川端 健太

セッターは、バレーボールにおいてなくてはならない選手になります。しかし、セッターはいつでも完璧にトスをあげれるわけではありません。トスが乱れるときもあります。そのため、トスが乱れたときの対処方法を知っておく必要があります。

堀大輔

バレーボールには欠かせないポジションの”セッター”。自ら好んでセッターになる人は比較的少ないですが、セッターとはどんなポジションなのでしょうか?

辻 貴大

人の体の動かし方には4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性の中から、かかと外側重心であるB2タイプにおける身体の動かし方についてお話しします。

指導法 川端 健太

バレーボールを上手くなるために、練習に励みますよね。しかし、どれだけ練習をしても上達しない選手がいますよね。それは、○○を上げる練習をしていないからです。