スパイクに関する記事一覧


スパイク テクニック 川端 健太

今まで出来てたことができない…また、フォームを改善しても結果がよくならないと悩んだことはありませんか?実は、フォームの改善をしても結果がよくならない原因は3つあるのです。

スパイク テクニック 林 みろ吉

トスが高い時のスパイクは強打が不利なのか?また、強打する場合どこ狙うべきなのか?と疑問に思っている方は多いと思います。そこで、今回は「トスが高い時に有効な攻撃ができるようになる練習方法」についてご紹介します。練習を行うことで、複数の攻撃ができ多くの得点が取れるようになります。

スパイク 動画

スパイクが打ちにくいと感じている方は、現在使っているスパイクスイングが自分に合ってないかもしれません。今回ご紹介している3種類のスパイクスイングの特徴とメリット・デメリットを参考にすることで、自分に合ったスイングを見つけられ気持ちの良いスパイクが打てるようになります。

練習メニュー スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがスパイクを打つときに、必ずトスが上がりますよね。しかし、必ずしも打ちやすいトスが上がるわけではありません。低いトスが上がる時もあります。そんな低いトスが来た時に、どうすれば良いのか考えてみましょう。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがスパイクを打つときに、トスが低い時がありますよね。そんなトスが低い時に有効なスパイクは何なのでしょうか?また、スパイクを打つ際に注目すべき点は何なのでしょうか?

スパイク 林 みろ吉

ストレートのスパイクは、アタッカーには必要な技術です。しかし、ストレートが苦手なアタッカーはいます。ストレートを打つ際は、相手ブロッカーの守備位置を確認しましょう。

練習メニュー スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがストレートにボールを打つ時って、ありますよね?ストレート打てるようになると、得点率も上がりますしね。しかし、ストレートは相手ブロッカーとレシーバーが守りを固めているため、得点を取るのは難しいです。

練習メニュー スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーの選手は、強打だけでなく軟打も打てるようになりたいですよね。強打と軟打を打ち分けられることで、スパイクの幅が広がったり決定率が上がります。では、軟打はどこに打つのが良いのでしょうか?それは、クロスの手前です。

スパイク 指導法 川端 健太

あなたは、強いスパイクを打ちたいと考えたことがありませんか?強いスパイクを打つには、自身に合ったフォームでスパイクを打つ必要があります。では、何を意識すれば自分に合ったフォームでスパイクを打てるのでしょうか?今回は、アタックの左手に焦点を当ててみます。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーは、強打だけではなく軟打も打てるようになる必要があります。メリハリがつくからです。しかし、軟打は打つ場所によっては、レシーバーやブロッカーに拾われてしまいます。では、どうすれば拾われなくて済むのでしょうか?