辻 貴大に関する記事一覧


辻 貴大

ここ数年で、スポーツに取り入れられたデータ活用。もちろん、バレーボールでも活用されています。そんなデータが、なぜ活用されているのでしょうか?

辻 貴大

バレーボールには、主審・副審・ラインズマンなどの審判がいますよね。その中でも、主審持つ権限は特に大きいですよね。そのため、試合で主審を味方にすることができれば、試合を有利に進めることができます。

辻 貴大

自身や他人を尊重し、周囲との調和能力が高い、自己肯定の他人肯定マインドタイプ。良い意味で周りの期待などにストレスを感じずに成長できますが、チャレンジスピリットを避けてしまう傾向もあります。

辻 貴大

日本人に多い、自己否定の他人肯定マインド。このタイプは、周りの人を尊重するあまり、自己評価が低くなりがちです。そんな受け身タイプは、じつはチームにとって重宝されるべきタイプなんです。

戦術 辻 貴大

生き様診断から見るマインドやメンタル面。自身がどのタイプなのか、メンバーはどのタイプなのか。それらを知ることで、プレー内外でのコミュニケーションの取り方が変わり、チームとしてまとまることができます。また、自身の特徴を知ることで、成長にも繋がります。

辻 貴大

バレーボールにおいて、メンタルは非常に重要な要素です。ミスが直接失点につながるため、良いメンタル状態を保つことが求められます。そのため、自身のメンタルが良い状態にあると錯覚させるマインドが必要です。

辻 貴大

人の体の動かし方には4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性の中から、かかと外側重心であるB2タイプにおける身体の動かし方についてお話しします。

辻 貴大

人の体の動かし方には4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性の中から、かかと側重心であるB2タイプにおける身体の動かし方についてお話しします。

辻 貴大

4スタンス理論をご存じですか?人の体の動かし方には、4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性の中から、A2タイプのバレーボールにおける身体の動かし方についてお話しします。

辻 貴大

4スタンス理論をご存じですか?人の体の動かし方には、4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性についてお話しします。