堀大輔に関する記事一覧


堀大輔

オーバーハンドパスをする時に意識したいポイントを5つご紹介します。これをマスターすることで、パイカーに良いトスを上げることが出来ます。

その他 堀大輔

バレーボールの授業が面白くないと感じる理由は「チームでボールが繋がらない」「スパイクが打てない」という大きく分けて2つの理由が挙げられます。ですので、指導者は面白くないと感じる点は受け入れて、その点を十分に理解し授業内容・練習内容を考える必要があります。

指導法 堀大輔

中学生・高校生は、バレーボールの授業の楽しさは「チームとしてボールを繋なぐ緊張感」と回答しています。ですので、指導者はその点を十分に理解して伝えることが必要になります。

練習メニュー 指導法 堀大輔

バレーボールには、フォーメーションがあります。それも、オフェンスとディフェンスと、それぞれ違うフォーメーションがあります。今回は、ディフェンス・フォーメーションの特徴について考えていきましょう。

練習メニュー レシーブ ブロック 堀大輔

頭では、ブロックとレシーブの関係強化が必要だと理解しているけど、どうすれば実践できるのか。このことについて、悩んでいる方は多いと思います。そこで、練習メニューをご紹介していきます。

練習メニュー ブロック 指導法 堀大輔

バレーボールには、ブロックと言うプレーがあります。ブロックは、チーム全体で強化していく必要があります。そんなブロックを強化する際に、一緒に強化すべきプレーがあります。それが、レシーブです。

練習メニュー ブロック 堀大輔

ブロックは、相手チームの攻撃を防ぎながら得点を取ることができるプレーです。そんなブロックですが、多くの選手はリードブロックをすることが多いでしょう。しかし、リードブロックは相手選手に置いていかれると、ブロックとして機能しません。そこで、リードブロックを試合で実践するための練習方法をご紹介します。

ブロック 堀大輔

リードブロック。勝つチームになるには、リードブロックは必要です。では、どうやってリードブロックをすればいいのか?どうやって練習すればいいのか?今回は、リードブロックのポイントについてお話していきます。

ブロック 堀大輔

バレーボールの中で、唯一守備側が点を取れるプレーが”ブロック”です。また、点は取れなくてもワンタッチしたり相手のスパイクコースを絞ったりなど、ブロックには多くの役割があります。そんなブロックから、今回はリードブロックについてお話していきたいと思います。

ブロック 指導法 堀大輔

バレーボールにおける、基本技術の一つでもある”ブロック”。ブロックは、どのチームも大事にしていて練習などで取り組んでいると思いますが、どうすればブロック力が上がるかは常に考えますよね?そんなブロック力を高めるには、ある方法があるんです。