レシーブに関する記事一覧


レシーブ テクニック 辻 貴大

身長の低い選手が勝とうと思うと「サーブレシーブ判定率」を高めていくことが重要になります。サーブレシーブ判定率とは、レシーバーがアウトと思った本数に対して、実際の判定がどうであったかという率になります。今回は、サーブレシーブ判定率の向上がなぜ身長の低い選手に重要なのかまた、その向上のコツについてご紹介していきます。

レシーブ テクニック 動画

いつもボールの落下地点に入るのが遅れてしまう…と悩んでいませんか?その原因は、ボールを見過ぎてしまっているからです。ボールを見過ぎてしまうことで、反応が遅れてしまい落下地点に早く行けないのです。そこで、今回はレシーブで落下地点に入るのが遅い原因と練習方法についてご紹介します。

レシーブ テクニック 動画

レシーブでボールをコントロールできないのは、ボールの落下地点に入るまでが遅いからです。そこで今回は、素早く落下地点に入れるようになる体育館でできる練習方法と自宅でできる練習方法をご紹介しています。この練習を行うことでレシーブのコントロールが良くなります。

練習メニュー レシーブ 指導法 川端 健太

ボールがはっきり見えなくなったり、反応スピードが遅くなることがありませんか?これは、目が上手く動いていないことが原因かもしれません。そのため、目を鍛えて動かせれるようにしましょう。

練習メニュー レシーブ 指導法 川端 健太

サーブレシーブって、重要ですよね。綺麗にセッターに返るかどうかで、自チームの攻撃に大きな影響を与えます。そんなサーブレシーブの返球率を上げるには、一歩目が重要です。

練習メニュー レシーブ 指導法 辻 貴大

カバーレシーブとは、一体何なのか?スパイクやレシーブによって、自陣のレシーブが乱れた際に行うレシーブです。このカバーレシーブは、自陣の攻撃に繋ぐ重要なプレーです。

練習メニュー レシーブ ブロック 堀大輔

頭では、ブロックとレシーブの関係強化が必要だと理解しているけど、どうすれば実践できるのか。このことについて、悩んでいる方は多いと思います。そこで、練習メニューをご紹介していきます。

レシーブ 川端 健太

バレーボールの基本プレーでもあるアンダーパス。これが上手くいかないと、ボールをつなぐことができません。そのため、どの選手も上手くなりたいと考えます。今回は、そんなアンダーパスが上達する方法をご紹介します。

レシーブ 指導法 川端 健太

レシーブで動く際に、速く動けたほうが良いですよね?そうすることで、速くボールの落下地点に届いて、余裕を持ってレシーブができますから。その際に、速く動こうと思って床を蹴っていませんか?

レシーブ 関口公彦

バレーボールのレシーブって何があるの?と聞かれて、答えられますか?試合中に使うレシーブは限られますが、覚えておくとプレーの幅が広がり、いざという時に役立ちます。