レシーブに関する記事一覧


レシーブ 指導法 川端 健太

レシーブで動く際に、速く動けたほうが良いですよね?そうすることで、速くボールの落下地点に届いて、余裕を持ってレシーブができますから。その際に、速く動こうと思って床を蹴っていませんか?

レシーブ 関口公彦

バレーボールのレシーブって何があるの?と聞かれて、答えられますか?試合中に使うレシーブは限られますが、覚えておくとプレーの幅が広がり、いざという時に役立ちます。

レシーブ 関口公彦

スパイクレシーブが上手くできるようになると、一気に自チームのチャンスになります。そのため、スパイクレシーブを上手く上げる技術は必須です。しかし、どれだけ上手くても反応が間に合わなければ意味がありません。ですから、スパイクレシーブの反応を速くしましょう。

練習メニュー レシーブ 指導法 関口公彦

バレーボールのレシーブは、誰しもが速く反応したいと考えています。しかし、どうすればレシーブの反応が速くなるのか悩んでいる方も多いと思います。そこで、レシーブの反応を速くするポイントをお伝えします。

練習メニュー レシーブ 指導法

サーブカットには、大切なポイントがいくつかあります。しかし、ポイントを理解しても、どんな練習をすればいいか分からないですよね?そこで、効果のあるサーブカットの練習方法をお教えします。

練習メニュー レシーブ 辻 貴大

Aカットができると、セッターがトスを上げやすくなり、スパイクまでつなげやすくなります。しかし、そのためにはレシーブ技術が必要です。

練習メニュー レシーブ 指導法

サーブカットが上手くいかずに悩む選手は多いと思います。サーブカットにはフォームがあり、そのフォームを作るには「自分の型」を作る必要があります。

レシーブ 指導法 川端 健太

レシーブは、バレーボールにおいて大事なスキルですよね。レシーブができないと、最悪サーブだけで試合が終わってしまいます。しかし、ただレシーブをするだけではなく、素早く動けるレシーブをすることが大事です。

レシーブ 指導法 辻 貴大

サイドアウトを100%できることって、理想ですよね?そのためにも、基礎となるフォーメーションについて考えておきましょう。