テクニックに関する記事一覧


レシーブ 川端 健太

レシーブをする時に、ボールに向かってダッシュしますよね?その時に、姿勢を良くしてからダッシュした方が良いと言われていますが、その理由をご存じですか?

練習メニュー ブロック 川端 健太

ブロックフォローの反応スピードが上がらなくて悩んでいる選手は、少なくないですよね。ブロックフォローの反応スピードが上がれば、その後の自チームの攻撃に上手く繋ぐことができます。

練習メニュー レシーブ

ディグは、次にプレーに繋げるためにも大事な技術ですよね。そんなディグをミスしないために、意識するポイントをご紹介します。

サーブ テクニック

レシーバーにとって最も嫌なサーブといえる「ジャンプフローターサーブ」。このジャンプフローターサーブができたら、相手のレセプションを崩すことができます。今回は、「相手のレセプションを崩すジャンプフローターサーブのコツ」についてご紹介します。

練習メニュー レシーブ テクニック

バレーボールをしている方は、「スリーメン練習(3人レシーブ練習)」を一度はしたことがあるのではないでしょうか?実は、スリーメン練習(3人レシーブ練習)はチーム力がグッと上がる練習なのです。今回は、「スリーメン練習がチーム力をあげる理由」についてご紹介します。

練習メニュー ブロック テクニック

スパイカーが最も邪魔だと感じる「ブロック」。ブロックは、スパイクを止める唯一の方法で、このブロックが試合中に機能すれば、スパイクが味方のコートに落ちることがなくなります。そこで、今回は「相手のスパイクをシャットアウトするブロックの練習方法」をご紹介します。

トス テクニック

指導者が選手の適性を見抜いて役割を与えることは、選手にとってもチームにとっても重要です。あるポジションでは全くダメでも、ポジションを変えてあげると素質が開花した、というのはスポーツ界ではよくある話ですよね。今回は、どのような選手がセッターに向いているか?をテーマにお伝えします。益田清風高校 女子バレーボール部の熊崎監督にもお話しをうかがってきたので、最後までお読みください。

レシーブ テクニック

試合中にフェイントで決められてしまうと、とても悔しくないですか?実は、フェイントを取れないのには原因があります。その原因の1つが、「相手のスパイクフォームを見ていない」からです。今回は「相手のスパイクフォームを見てフェイントを拾えるようになる方法」をご紹介します。

練習メニュー レシーブ テクニック

今回は、「レシーブの反応速度を上げる練習方法」についてご紹介します。レシーブ力をアップさせる上で重要なことは、【ボールに対しての反応速度を上げること】と【スパイクを打たれるコースを予測すること】です。

練習メニュー レシーブ テクニック

試合中、強打レシーブをした時。「相手のコートにボールが返ってチャンスボールになってしまった…」という経験がある方は多いのではないでしょうか?今回は、「強打レシーブを自分のコートに上げられるようになる練習方法」をご紹介します。