テクニックに関する記事一覧


スパイク 川端 健太

スパイクのタイミングが合わないと、どれだけ能力を持っている選手でも強いスパイクは打てません。そのため、スパイクのタイミングを合わせることは、すごく重要です。

練習メニュー スパイク

アタッカーがスパイクを打つときに、クロスに打つ場合がありますよね。ストレートとクロスに打ち分けられることができれば、スパイク決定率が上がるのでおススメです。

ブロック 川端 健太

ブロックをする際に、セッターのトスを読むことができればどうなるでしょうか?トスを読むことができれば、ブロック率は上がりますよね。では、どうすればトスを読むことができるのでしょうか?

サーブ 関口公彦

サーブは、バレーボールで唯一邪魔されないプレーになります。そのため、サーブが強くなると、チームとしての得点力も上がります。

練習メニュー スパイク

スパイクを打つときに、打ち分けられることは重要ですよね。では、どうすればスパイクを打ち分けられるのか?

レシーブ 指導法 川端 健太

レシーブで動く際に、速く動けたほうが良いですよね?そうすることで、速くボールの落下地点に届いて、余裕を持ってレシーブができますから。その際に、速く動こうと思って床を蹴っていませんか?

レシーブ 関口公彦

バレーボールのレシーブって何があるの?と聞かれて、答えられますか?試合中に使うレシーブは限られますが、覚えておくとプレーの幅が広がり、いざという時に役立ちます。

スパイク

スパイクは、得点を取るための手段です。スパイクの決定率が、チームの得点率と言っても大げさではないでしょう。そんなスパイクですが、狙うべき場所があることを知っていますか?

練習メニュー ブロック

バレーボールにおいてブロックは、相手選手に対して最初の壁です。ブロックして得点を取ることもできますし、レシーバーのために攻撃範囲を絞ることもできます。そのため、ブロックの成功率を上げることは、チームが勝つためにも重要になってきます。

レシーブ 関口公彦

スパイクレシーブが上手くできるようになると、一気に自チームのチャンスになります。そのため、スパイクレシーブを上手く上げる技術は必須です。しかし、どれだけ上手くても反応が間に合わなければ意味がありません。ですから、スパイクレシーブの反応を速くしましょう。