トスに関する記事一覧


レシーブ トス テクニック 川端 健太 講師一覧

「オーバーパスをするとき、手首は柔らかく使いなさい」と指導されてる指導者さんが多いかと思います。しかし、オーバーパスのときの手首を柔らかくするか固めるかは、実は体のタイプによって決まるのです。

トス テクニック 川端 健太 講師一覧

今回は、「乱れたレシーブを正確にトスする方法」をご紹介します。乱れたレシーブに対応するためには、1歩目を速く動かすことがとっても大切です!

練習メニュー トス テクニック

今回は、「バックトスの基本を身に付ける練習方法」をご紹介します。バックトスでは、トスを上げるぎりぎりまでフロントとバックのどちらに上げるのかわからないようなトスを心がけましょう!

練習メニュー レシーブ トス テクニック 川端 健太 講師一覧

今回は、「アンダーパスがうまくなる練習方法」をご紹介します。アンダーパスは、腕に正確にボールを当てることで狙ったところにボールが行きやすくなります。腕に正確にボールを当てる方法2つを大公開!

レシーブ トス テクニック 川端 健太 講師一覧

今回は、「オーバーパスを安定して指にしっかり当てる方法」をご紹介します。オーバーパスで狙ったところにパスするためには、ボールをしっかりと指に当てる必要があります。とても簡単な方法なので、バレーボール初心者の方におすすめです!

練習メニュー トス テクニック

今回は、「ネットボールを上手くトスするための練習方法」をご紹介します。このネットボールでの失点は多くあり、このボールを苦手としている選手は非常に多いのではないでしょうか?セッターがこのネットボールを上手くスパイカーに上げることができたら、失点を減らすことができます。

練習メニュー トス テクニック

今回は、「トスの安定性を高める練習方法」をご紹介します。スパイカーのパフォーマンスを最大に引き出すためには、いつでも同じところに上がる安定したトスを上げられるようにしておきましょう!

レシーブ トス テクニック

バレーボール競技者であれば、二段トスの場面などで「パスを遠くに飛ばせる力」を身に付けておく必要があります。「パスが遠くに飛ばない・・・」と悩んでいる方は、必見!今回は、パスが遠くに飛ばない原因と改善法をお伝えします。

トス テクニック

セッター唯一の攻撃方法であるツーアタックは、必ず身に付けておきたいテクニックです。相手の隙をつく攻撃であるため、スパイクのような頻度では繰り出せないテクニックにはなりますが、状況を見極める力がついていればスマートに得点を決めることができます。ツーアタックをマスターして攻めのセッターを目指しましょう!

トス テクニック

今回は、トスの基本とポイントについてお話します。セッターは、正確で打ちやすいトスを上げることはもちろんですが、相手のブロッカーにトスを上げる場所を見破られないような意識も必要です。とても重要なポジションなので、基本からしっかり身に付けておきましょう。