講師一覧に関する記事一覧


川端 健太

体を動かす際に、どこを意識していますか?多くの人は、筋肉だと思います。しかし、筋肉ではなく骨を意識したほうが、プレーに良い影響があるんです。

練習メニュー 堀大輔

セッターは唯一無二の存在で、チームの中心ポジションになります。そのため、セッターのレベルによって、試合の進み方が大きく変わります。では、どうすればセッターが上達するのでしょうか?

辻 貴大

自身や他人を尊重し、周囲との調和能力が高い、自己肯定の他人肯定マインドタイプ。良い意味で周りの期待などにストレスを感じずに成長できますが、チャレンジスピリットを避けてしまう傾向もあります。

スパイク 川端 健太

スパイクのタイミングが合わないと、どれだけ能力を持っている選手でも強いスパイクは打てません。そのため、スパイクのタイミングを合わせることは、すごく重要です。

川端 健太

バレーボールをしていると、時々ふくらはぎをつる時がありますよね。そこで、ふくらはぎがつるのも防ぐ方法をご紹介します。

関口公彦

どんなスポーツでも、そのスポーツ特有のケガがあります。バレーボールでは、腰痛がそれにあたります。では、なぜバレーボールでは腰痛が多いのでしょうか?

ブロック 川端 健太

ブロックをする際に、セッターのトスを読むことができればどうなるでしょうか?トスを読むことができれば、ブロック率は上がりますよね。では、どうすればトスを読むことができるのでしょうか?

練習メニュー 堀大輔

セッターの技術レベルによって、チームの得点率が変わることもあります。そのため、セッターの選手を上達させることは、チームにとって大きなプラスになります。

辻 貴大

日本人に多い、自己否定の他人肯定マインド。このタイプは、周りの人を尊重するあまり、自己評価が低くなりがちです。そんな受け身タイプは、じつはチームにとって重宝されるべきタイプなんです。

川端 健太

誰しもが試合で勝ちたいと考え、勝つためにプレーしています。しかし、本番に強い選手とそうでない選手がいますよね?どうせプレーするなら、本番に強い選手になって良い結果を残したいですよね?そのためにも、試合後に行うべきことがあります。