サーブ

サーブミスによる失点は、相手に流れを持っていかれやすいため出来る限りなくしたいですよね。もし、サーブミスを格段に減らせる方法があるとしたら・・・?サーブの決定率が上がり、さらに得点を重ねられるようになります!今回は「サーブミスを減らす3つのチェックポイント」をご紹介します。

スパイク

「強いスパイクを打つためには腕を振ってはいけない」というテーマでお話をします。今回ご紹介させていただく方法を実践すると、強いスパイクを打てるようになるので最後までお読みください!

キャンペーン

「試合で1勝でも多く勝たせてあげたい・・・」という、選手思いなあなたへ。人気No.1のバレーボールDVD教材を抽選で3名様にプレゼント!たくさんのご応募お待ちしております。

練習メニュー

対人レシーブは、様々なテクニックが習得できる基本練習であり、さらにチーム全員が同時にできるという点でも効率が良い練習です。今回は、基本の「対人レシーブ」をご紹介します。

スパイク

二段トスに対して苦手意識を持っておられる方は多いのではないでしょうか?二段トスを打てるようになれば、レシーブで乱れてしまっても、しっかり相手に攻撃できるようになります。今回は、「二段トスが打てるようになる2つのコツ」についてご紹介します。

スパイク

スパイク決定率の高い選手は、「こういうブロックの時にはこういう感じで打つとブロックを抜ける」「こういう感じで打てばワンタッチが取れる」というのを感覚で覚えています。この感覚を覚えたいと思ってる選手はたくさんいると思いますので、今回はその練習方法をご紹介します!

レシーブ

前にきたボールをとりたいのに足が動かない…と悩んでいませんか?前のボールに対して足が動かない原因は、身体の重心が後ろにあるからです!今回は、「前重心にするための練習方法」をご紹介します。

スパイク

スパイクに入るときの助走は、スパイクの良し悪しを大きく左右すると言っても過言ではありません。いかに助走のキレをアップさせられるかということが、力強いスパイクを打つ上ではポイントになります。今回は「スパイク助走のキレをアップさせるコツ」をご紹介します。

練習メニュー

バレーボールが上手くなるためには、集中力が重要ということをご存知だと思います。実は、集中には、持久力をつけることができるんです!長く集中できるようになるために、「集中の持久力を身に付ける練習方法」をシェアします。

練習メニュー

日々の練習で、同じような練習メニューばかりを取り入れてしまってはいませんか?同じような練習メニューが続くと、メリハリがなくなり、練習に対する選手のモチベーションも下がってしまいかねません。そこで今回は、バレーボールの楽しい練習メニューを2つご紹介します。