その他 堀大輔

バレーボールの授業が面白くないと感じる理由は「チームでボールが繋がらない」「スパイクが打てない」という大きく分けて2つの理由が挙げられます。ですので、指導者は面白くないと感じる点は受け入れて、その点を十分に理解し授業内容・練習内容を考える必要があります。

戦術 川端 健太

試合で実力を発揮するためには「試合での思考と行動パターンを知る」必要があります。なぜなら、思考と行動がプレーを生み結果を出すからです。今回は、選手の思考と行動パターンを知るための方法をご紹介します。

指導法 川端 健太

選手の集中力を高めたいと思ったことはありませんか?今回ご紹介する「音源集中法」を実践することで、集中力が高まりドンドン上手くなっていき、そして試合で実力を発揮できるようになります。でひ「音源集中法」を実践してみてください。

スパイク 川端 健太

強いスパイクを打ちたい!ジャンプ力をアップしたい!と少しでも思ったことはありませんか?今回は、強烈なスパイクを打つための2つのエクササイズをご紹介します。このエクササイズを行うことで、ダイナミックな動きができるようになり強烈なスパイクが打てるようになります。

スパイク テクニック 川端 健太

今まで出来てたことができない…また、フォームを改善しても結果がよくならないと悩んだことはありませんか?実は、フォームの改善をしても結果がよくならない原因は3つあるのです。

スパイク テクニック 林 みろ吉

トスが高い時のスパイクは強打が不利なのか?また、強打する場合どこ狙うべきなのか?と疑問に思っている方は多いと思います。そこで、今回は「トスが高い時に有効な攻撃ができるようになる練習方法」についてご紹介します。練習を行うことで、複数の攻撃ができ多くの得点が取れるようになります。

川端 健太

ミスをしてしまうと頭の中でグルグル考えてしまい弱気になってしまうことがあると思います。それを防ぐ方法が「紙に書く」「深呼吸をする」「数を数える」です。この3つを行うことで、イヤなことが頭をよぎる回数をドンドン減らすことが出来ます。

指導法 堀大輔

中学生・高校生は、バレーボールの授業の楽しさは「チームとしてボールを繋なぐ緊張感」と回答しています。ですので、指導者はその点を十分に理解して伝えることが必要になります。

レシーブ テクニック 辻 貴大

身長の低い選手が勝とうと思うと「サーブレシーブ判定率」を高めていくことが重要になります。サーブレシーブ判定率とは、レシーバーがアウトと思った本数に対して、実際の判定がどうであったかという率になります。今回は、サーブレシーブ判定率の向上がなぜ身長の低い選手に重要なのかまた、その向上のコツについてご紹介していきます。

レシーブ テクニック 動画

いつもボールの落下地点に入るのが遅れてしまう…と悩んでいませんか?その原因は、ボールを見過ぎてしまっているからです。ボールを見過ぎてしまうことで、反応が遅れてしまい落下地点に早く行けないのです。そこで、今回はレシーブで落下地点に入るのが遅い原因と練習方法についてご紹介します。