練習メニュー 岩越

バレーボールにおいて、高さと速さは必要な要素ですよね。そんな高さと速さを上げるために練習に取り組むと思いますが、トレーニング方法はバレーボール以外のスポーツからも学べます。今回は、陸上ハードルから学んでいきましょう。

練習メニュー 川端 健太

練習効率を上げる方法は、誰しもが考えることだと思います。だれでも、練習効率が上がるのは嬉しいですよね。では、どうすれば練習効率が上がるのか?脳科学的な観点から考えてみましょう。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーは、強打だけではなく軟打も打てるようになる必要があります。メリハリがつくからです。しかし、軟打は打つ場所によっては、レシーバーやブロッカーに拾われてしまいます。では、どうすれば拾われなくて済むのでしょうか?

練習メニュー スパイク 川端 健太

バレーボールのスパイクは、最高到達地点が高ければ高いほど良いですよね?相手ブロックの上からスパイクが打てますし、コース選択の幅も広がり、得点が取りやすくなります。では、どうすれば最高到達地点をアップさせることができるのでしょうか?

練習メニュー ブロック 堀大輔

ブロックは、相手チームの攻撃を防ぎながら得点を取ることができるプレーです。そんなブロックですが、多くの選手はリードブロックをすることが多いでしょう。しかし、リードブロックは相手選手に置いていかれると、ブロックとして機能しません。そこで、リードブロックを試合で実践するための練習方法をご紹介します。

トス 指導法 辻 貴大

バレーボールでは、セッターがトスをあげますよね?しかし、必ずしも毎回セッターがトスをあげれるとは限りません。そのため、他の選手がトスを行うこともあります。それが、二段トスです。

練習メニュー 川端 健太

誰しもが上達したいと思って、練習に取り組みますよね?そんな練習ですが、速く上達する練習メニューを知りたくないですか?その練習メニューを知るには、ある法則を知る必要があります。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがクロスにスパイクを打つときは、必ずしも強打を打つわけではありません。時には、軟田を打つときもあります。強打と軟田を打ち分けることで、相手ブロッカーやレシーバーの意表を突くことができます。

指導法 川端 健太

バレーボールをしていたら、試合で自分が望む結果を出したいですよね?しかし、中々望むような結果を出すことは難しいです。結果を出すために必要なのが、思考パターンです。

ブロック 堀大輔

リードブロック。勝つチームになるには、リードブロックは必要です。では、どうやってリードブロックをすればいいのか?どうやって練習すればいいのか?今回は、リードブロックのポイントについてお話していきます。