menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  2. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  3. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  4. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
  5. サーブカットのジャッジミスをしない方法
  6. パスのコントロール力がアップする練習はコレ!
  7. リレー形式で楽しめる!ボールを使ったウォーミングアップ
  8. 自分の「強み」を知っていますか?
  9. チーム全員が知っておこう!練習メニューの組み方
  10. バレーボールの主な反則
閉じる

バレーボール強育塾

こんなこともある。おもしろいバレーボールを見つけた!

いよいよ12月師走です。先生(師)が走るあわただしい月。
皆さんもダッシュしてます?

来年に向かっての準備も必要ですが、皆様どうされていますか?
今週もよろしくお付き合い下さい。
ところで、ところで、
朝日新聞11月24日朝刊にこんな記事が、
「ぜいたくな教室」
「テレビスポーツ教室(Eテレ)はバレーボール。
全日本男子のリベロの永野健選手が中学生の子供たちに、
リベロについて教えていました。

レシーブの打ち方(上げ方?)をはじめ、試合中にみんなの気持ちを
盛り上げる声の出し方などの指導もすばらしく、プレーしない私でも
十分に楽しめました。

また、同じ全日本選手の清水邦広選手のスパイクやサーブをさせる
場面もあり、なんともぜいたくなスポーツ教室でした」。
(はがき通信:鹿児島市 52歳の女性より)
この記事を見て、「あっそうだ、ビデオチェックしてた!」
と思い起こし、その「ぜいたくな教室」を観てみると、、、

いやいや面白いなこれ!
とにかく永野選手がようしゃべるし、よう動く。
たまに映ってることを忘れてマジ発言なんか。これが笑える。
うるさいくらい子供たちと一緒に身体を動かし、声を出して
盛り上げている姿は素晴らしい!
理屈だけでなくやって見せるから、生徒になっていた
小学生たちがどんどん上手になっていくのがわかる。
やるねっ、永野選手。

彼の明るいトーンだと僕も私もリベロやりたいと思う
子供たちがどんどん出てくるんじゃない?!
とにかくオ・モ・ロ・イのでした。

※こどもたちと永野、深津、清水3(全日本)選手と試合をする
場面なんか、爆笑できます。なんと、中学生のネットで
日頃スパイクを打たない永野選手が2本ミス。そして曰く、
「あかんオレ、メンタルやられてるわ・・・」と
本音をポロリ。いや~人間くさくていい奴って感じでした。

それ以降は大人げなくプレーをしてしまうところなんか
実にオ・モ・ロ・イのです。

清水選手が時おり落ち着いた口調で説明なんか加えるところは、
普段テレビで映る姿とは別人で、彼の違う一面が見れて
なかなか好感が持てます。
必見ですよ!
◎静岡西部小学校連盟指導者講習会から
11月28日(土)に静岡県掛川市に出かけて、
指導者・コーチ向けの講習会を行ないました。

今回のテーマは、
1、ウォームアップ(十分にできない狭いスペース、
限られた時間で効率できるものについて)

2、ブロック(どう教えたらよいのか?)

3、レセプション(サーブレシーブ)のコツ

4、スパイク(ステップ、助走)について

モデルになるこの地区の選抜メンバーが約70名、
指導者の方が80名くらい。

なんとも盛大な講習会でした。
この様子を紙上再現していきたいと思います。

いや~、ここもバレーボールに熱い!関係者の方がおっしゃってましたが、
「この地区のバレーボールの活動を全国に広めて交流会をやりたい。
試合だけでなくそういう活動が自分たちの存在感に繋がる」と。
なるほどなるほど。確かにそうですね、そのお気持ちよくわかります。

ですから、この場でその様子を紹介しながら、そのお手伝いも
したいと思っています。どうかよろしくお願いします。
◎8月初、小諸「信州青少年の家」にての恒例夏季合宿に参加。
ここでの課題テーマについて説明しています。
「威力のあるサーブを打つ」。相手に「あれっ」と思わせる
サーブを打つことです。(想定外を作るともいうでしょう。)
(相手にとっての)ギャップ、想定外とはどんなことでしょうか?
そろそろこの項も最終局面を向かえました。そのココロは、

相手に読まれない、
その究極は(相手に対応ができない、球筋が読めない)変化するサーブです。

理屈はこうです。
無回転で打たれたボールが、臨界速度に達するとボールが変化する空気の流れ、
渦が生じます。この時ボールの進行方向と逆の部分で空気の流れ、渦にボールが
引っ張られることで変化を起こすのだそうです。この臨界速度は時速100km/h前後
と言われているのですが、結構速い。

じゃあ単に無回転で速いサーブを打てばいいのか?

実は、それだけではなく、その場の空気抵抗、流れが大きくボールの変化に
影響しますので、実はどこで変化をするのか予測できない。これが究極。
(例えばインドアのバレーボールの場合、選手、観客の体温で上昇気流を
作っていますし、空調、換気設備の関係で体育館上空での空気の流れも
生じているはずです。これらの諸要件が重なると、、、
エライことになりそうです!)
次に続く。

【編集後記】

フェイントの拾い方、次回から「ランニング」です。
乞うご期待を。

【これからの説明メニュー】
フェイントの拾い方(残り)
「・フライパン
・掬(すく)い上げ(それこそディグでしょう!?)
・シュプロール(たい焼き)
以上、説明済み。
・ランニング
・フライング/スライディング
※インステップキック」

関連記事

  1. 第2段、極寒に負けるな、バレーボーラー! -雪模様からスポーツ春…

  2. 【募集】バレーボール教材に関する、仕事のご依頼です。

  3. 今一度振り返る。 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)の結果

  4. -真夏に考える!バレーボールの面白み。

  5. 祝 五輪出場、全日本女子! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT…

  6. 特番!「バレーボールの面白み」

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. あなたは、バレーボール用語の「パンケーキ」をご存知ですか?バレーボールで…
  2. こんばんは。メルバレの(加藤)です。如何お過ごしでしょうか?…
  3. こんばんは。メルバレの(加藤)です。如何お過ごしでしょうか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  2. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  3. 【バレー】世界の動きも学ぶ2

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る