menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

五輪最終予選兼アジア大陸予選女子の展望

みなさんこんばんは。
バレーボールメルマガ(加藤)です。

東京の桜はすでに葉桜。あー残念、、、
皆さんのところの桜はいかがでしょう?
今日は風が強く、気温も高くありません。
もう桜が終わったのにまた、冬?
なかなかわかりにくい季節感。

どうか体調を崩さずに、バレーボールライフを
充実させて下さい!

どこかのサッカーワールドカップの番組のロゴ、
キャッチコピーにこんなのがありますよね?!
「負けられない戦いがここにある」。(でしたっけ?!)

まさしく、バレーボールにとってのこれ、否、それより強い
メッセージを贈るべき五輪最終予選兼アジア大陸予選
(通称OQT)開幕まであと一ヶ月を切りました。

「絶対に負けられない、そして、
勝たなければならない戦いがすぐに来る」。

そこで、女子開幕の5/14(土)の週まで(加藤)の
戦前予想を、今週より独占掲載したいと思います。
皆様に(OQT)の楽しみを知っていただければ、
尚一層面白く観戦できること間違いありません。

ツッコむ!OQTの展望(女子編)
(加藤)の結論から言ってしまうと、戦法戦術の
真鍋ジャパン(女子)、駒使いの妙、南部ジャパン(男子)
がどうパワーと高さに秀でる相手に立ち向かうか?
という事になると思います。

全日本女子=真鍋ジャパン
4年前のロンドン大会で銅メダルに輝き、お家芸の
バレーボールの復活を世界に強く印象付けました。
この勢いをかい、そのままリオ五輪までの4年間を
順調に過ごした?!いやいやそんなにすんなり
行かなかったのが本当のところだったようです。

主力の引退、セッター竹下 リベロの佐野、キャプテン、
ミドルの荒木などメダルの原動力となった選手が引退
(荒木選手は復活しましたが、)
また木村沙織選手に往年の力が見られなくなっていること。
それらのマイナス面をカバーすべく台頭してきた若手、
セッター宮下 オポジット長岡、ミドルの大竹。

そして昨年のワールドカップで踊り出た
新生ウィングスパイカー古賀選手。
その引き算の具合はプラスに出る、マイナスに出る?
どうか!うーん。実は(加藤)の評価は渋めです。
まだロンドン五輪のころには(戦力的に)追いついて
いないよう。真鍋監督もそれをよく知っていて近年は、
戦法戦術で切り抜けようと考えた。

「ハイブリッド6」

この戦法が出たのが一昨年2014年、ミドルはクイック、
ウイング(レフト)はテンポ2程度で飛行時間の
長い平行とスやテンポ3以上の高めのトス
(コンビネーション及び2段トス)、ウイング(ライト)は
テンポ2~3でクイックを絡めた時間差攻撃、
というような、ポジショナルな攻撃を決めない
斬新な発想。

だからミドルといわれる選手が対角に位置しないいわば
変則な攻撃フォーメーションを敷いたのです。

世界の標準から外れた攻撃フォーメーション。
鮮烈なデビュー(メディア効果も上々)を果たした
この戦法、当初は相手が面食らって効果ありであったが、
結果的にはやはり高さ、パワーのある、体格に恵まれ
ブロック力のあるチームには通用しなかった。
(昨年のワールドカップ、一昨年の世界選手権)
戦法が粉砕されてしまった。

加えて、こういう嫌なチームのもっとも曲者なのがサーブ。
攻撃(のパワー)がすごいということは≒サーブが
強烈であるということでもあります。ですから、
いくらハイブリッド6にレセプションの精度Aキャッチを
求めなくてもよいとの留保する部分があると思いますが、
Bキャッチ~Cキャッチでは、機能は半減以下となってしまう。
やはりレセプションの精度に関係するシステムであった。

戦力の入れ替わりと戦法戦術の開発と習熟度。戦略家と
言われる真鍋監督が一体何をこの五輪最終予選兼
アジア大陸予選で登場させるのか、このOQT目が離せない。

真鍋ジャパンの強みは豊富なスタッフを抱え、
ポジション毎にコーチを配置し、責任を持たせる分業管理制、
そして毎日の如く行なわれるスタッフミーティング。
この議論で培われるアイデアは陳腐なものでは決してないはず。
ハイブリッド6が高さとパワーに敗れてから、身を潜めるように
合宿を重ねているよう。たぶんメディアから新戦法が洩れる
可能性を嫌がってのこと、きっと情報統制を掛けているに違いない。
(と深読み)。さぁ、どう出る、真鍋ジャパン。

前回ジャンプフローターサーブで主導権を握ってきたそのサーブに
ついても手を加えられるか?その戦術眼に目が離せない!

ここで、女子の日程を見てみましょう。
5/14(土)VSペルー 5/15(日)VSカザフスタン
5/17(火)VS韓国 5/18(水)VSタイ
5/20(金)VSドニニカ共和国 5/21(土)VSイタリア
5/22(日)VSオランダ

「(日本開催の)ホームで若い選手も半分くらいいますので、
プレッシャーよりも勢いを持って臨みたい」
(フリーマガジン「スポプレ151号」より抜粋)と真鍋監督。

確かに登録メンバーは半分くらい新しい名前が目立ちます。
(あれっ新鍋選手もいないなぁ?!)チーム的にはベテラン:
中堅:若手のバランスが上手く取れているチームが強みを
発揮すると言われています。どちらかというとベテランと
若手のチーム編成の傾向が強いようです。

チーム構成上のメンタルで技術的なつなぎ役=中堅の役割を
誰が果たすのか、前回の新鍋、江畑選手のような選手が
必要でしょうね。(迫田選手もその一員ですね。)

さて、もう一度、五輪出場の条件について復習です。

1.アジア最上位チーム(アジア大陸予選枠)
2.上記1.を除いた7チームのうち、上位3チーム(世界最終予選枠)
3.試合方式は男女8チームによる1回戦総当り戦(リーグ方式)

※日本バレーボール協会「2016リオデジャネイロオリンピック
バレーボール最終予選」パンフレットより改訂
そして、すでに五輪出場権を獲得しているのは、
女子:開催国ブラジル、中国、セルビア(2015年ワールドカップ)、
ロシア(ヨーロッパ)、アルゼンチン(南米)、アメリカ(北中米)、
カメルーン(アフリカ)

残すはアジア代表とワイルドカード(最終予選枠)のみとなっています。

やはり、(加藤)は真鍋ジャパンの新しい戦略戦術を見てみたい。
飛び出せ、ハイブリッド7,8、9そして10!

来週続報です。

関連記事

  1. あえて、大喝!リオ五輪、全日本女子の第一戦

  2. 特番!「バレーボールの面白み」

  3. さて、今度は男子だ! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)開幕…

  4. 「結果」と『プロセス』の評価

  5. 今一度振り返る。 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)の結果

  6. 全日本男子への応援歌No1. 「Play hard, play …

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る