menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

続々々々、発想の転換を図ってみよう!

今週は暑いですね。うん、暑い。
天候、気温も暑いですが、南関東インターハイ、
東京でバレーボール競技が行われています。
そうバレーボールの甲子園。

こちらもとても熱い!
バレーボールも野球も青春の夏はとても暑くて
本当に熱いのです。青春スポーツの醍醐味を
味わえる季節なのですね、今。

日常をトレーニング場にする「合わせ技」
工夫したら日常の行動がトレーニングなるという
お話を第四回にわたりお話してきました。

ここで私が強調したいのは、「工夫」と「創意」でした。

スポーツはそのルールを守りながら、相手より先んずること
上回ることを競い、遊ぶものと定義されます。ですから、
そのために努力をしなくてはなりません。

それが練習と言われる競技性を高めるための時間、
を作り出さなければなりません。それは、
「非日常」なものと言われます。

そうですよね、練習またその成果を出すための試合は、
通常グラウンドやコートという、言わば日常生活とは違う
特別な場所に移して行われます。その時点で非常に特別なもの
ということがおわかりになるでしょう。

そして、その競技の特性などを加味するともっと特別なことを
やるように強いられます。

例えばバレーボール、
一試合に一体何回ジャンプするでしょうか?

試算すると100回/1人/1試合くらいですか。
(6人制で25-0で勝負がついて→実際は有り得ませんが、、、
一点に4回のラリーが続くとしたときの5セット分)

こんなにジャンプしています。そのジャンプの機会はスパイク、
ブロックの時にコートの大体が垂直方向にジャンプしますよね。
そして、それだけではなくディフェンスのときダイビングして
ボールを拾う、これってコートの床面の水平方向にジャンプする
動作です。これ合わせると100回以上の数になり、相当な数になります。

さて、こんなにジャンプすることって日常の生活であるでしょうか。
あまりないですよね。それも競技にあったジャンプの仕方、
これってほとんどやりませんよ、生活の中では。本当に特殊なもの
なのです。ですから練習で身体を鍛えるとか言いますが、要するに、
日常使わない動きや力を開発していくこと=鍛える鍛えて、
特殊な動きを作り出し、そのための筋力を発達させるのです。
それも相手に勝るために「強く、高く、早く」するために。

これまでの私の主張は、この日常の時間帯を、競技を意識して使う
ことができるのではないかという提案でした。それは仮説を立てて
いるとも言えます。しかし、日常動作の高度化した動きが競技動作
と考えると、基本=日常、応用=競技と考えられますので、
あながち日常の動作を少しでも意識しながら応用することは、
競技的な要素を作り出すことができると考えてもよいのでは
ないでしょうか。

今まで紹介した「場所」を取らないトレーニング
「(電車の)吊り革ドリル」や「ドロー・イン」、これにより
日常より一歩高いレベルで身体を動かしていることには
変わりがありません。

そう考えるとやらないより絶対やった方が良い、捨てられて
無為に過ごす時間を有効に使えると言う観点からしても、
というように思うわけです。

いかかでしょうか、
「工夫」、「創意」されていますでしょうか?

【編集後記】

ネットから30センチほどしか出ないのですが、
スパイクは打てます。

スパイクはネット越しに鋭く強いボールを打ち込むことと
定義されます。しかしそのスパイク色々とあるようです。

1.とてもネット上、高いところから下にたたき込む。

2.やや高いところからエンドライン方向にコート面と
平行気味に打球を伸ばす。

3.ネットと同じくらいの高さからボールにスピンをかけて
なだらかに打つ。

4.ネットの下からボールを上に擦り上げてスピンをかけて
弧を描くようにしてボールを相手コートに落とす。

今4つの方法を上げました。皆さんの頭に描いている
スパイクは間違いなく1か2です。

しかし、打ち方によってはジャンプをあまりしなくても
(もしくは出来なくても)スパイクは打てます、3と4の
方法を使えば。そのキーワードがトップスピンという
ボールに回転を与える方法です。-来週に続くー

関連記事

  1. フィジカルトレーニングで競技力アップ!

  2. -梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があった!?…

  3. 続、発想の転換を図ってみよう!

  4. 続々々、発想の転換を図ってみよう!

  5. 今一度振り返る。 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)の結果

  6. 【ウォーミングアップ】俊敏性がアップするメニュー3選

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る