menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

自分の「強み」を知っていますか?

 

あなたは、自分自身の「強み」を持っていますか?

これはバレーボールに限らずスポーツ全般において言えることなのですが、強みを持っているということは、上達をさらに加速させられるためとっても大切なことなのです。

逆を言えば、強みを持っていないと、持っている選手に比べて上達スピードは遅くなるということが言えます。

 

「これが強み!と胸を張って言えるようなものは無いなぁ・・・」

「自分は周りのチームメイトと比べてもいろんな面で劣っている・・・」

「今の自分は苦手を克服することで精いっぱいだ・・・」

 

と、こんな風に思っている方もご安心ください。

あなただけの強みを見つけていただきたいと思います!

 

今回は、強みの見つけ方に焦点を当てて、お話をしていきたいと思います。

 

■ 強みの見つけ方

大前提として、「強み」とは、これだけは周りのチームメイトにも負けない!と自信を持って言えるものです。

 

もちろん、自信のあるプレーそのものは強みになりやすいですが、実はプレーだけが強みになるというわけではありません。

どんなときでもチームを盛り上げられるムードメーカーだ!というのも強み。

試合などで苦しい状況でも落ち着いて安定したプレーができる!というのも強み。

このように、メンタル的な要素も十分な強みと言えます。

ですので、自分のプレーに自信がない人は、まずメンタル的な要素から自分の強みを探してみてもよいでしょう。

 

そして、みんながみんな自分のプレーに自信を持っているかというと、そんなことはありません。

しかし、誰にでも強みを見つけられる可能性があるということは、ここでお伝えしておきましょう。

例えば、「少しだけ自信がある」「磨いていきたい」と自分自身で感じるプレーは、強みになる可能性を十分に秘めていると言えます。

 

また、チームメイト同士でお互いの強みを見つけ合うのもよいでしょう。

自分では弱みだと思っていたことが、強みだったと気付くきっかけになったりするのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、「強み」というテーマで、強みの見つけ方についてお話をしました。

強みを見つけたら、後はとことん磨いて磨いて伸ばしていけばよいのです。

チーム全員が強みを見つけ、個々に伸ばしていくことで、チーム力はグンッと上がることでしょう。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、強みを持っていることで、バレーボールの上達を加速させることができます!

自分のプレーに自信がなくても、現段階で強みがなくても大丈夫です。

まずは、今回お伝えした「強みの見つけ方」で、自分の強みはコレだ!と自信を持って言えるものを見つけることからはじめましょう。

 

関連記事

  1. 部活動において大切な心得

  2. 激闘アジア大会を振り返る

  3. 選手を成長させる“褒め言葉”

  4. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ

  5. 【指導者必見】試合で悪い流れを断ち切る方法

  6. 【感動!】福島、コーチSさんとのメールの会話。

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る