menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

【特別企画】にしちゃいました!お届けもらった声に寄せて。

 

まずもって、スポーツマンとしては大変うれしい大ニュース、
2020年東京オリンピックの開催が決まりました。さまざまな
思い入れがある中、単にスポーツに関わる者として、
世界のスポーツの祭典が東京で再び開催されることを
「うれしい」とさせてもらいます。

もちろん実施にあたっての問題が山積している事実も
理解をしています。

今後、私として、それらに対してどうアプローチすべきか
を考え、実行しないといけないと、うれしさと共に襟を
正しているところです。しかし、関係者の方のご尽力に
まず感謝します。

さて、今週もよろしくお付き合い下さい。

――――――――――――――――――――――――――――

今回は特別企画として、私のメルマガの読者から寄せられた
声をご紹介し、その文章の中に私のコメントを加えていく
形で進めて行きます。

とても鋭い感性をお持ちの方よりのお便りであり、
特に指導者、コーチそして教員の皆様には
大変参考になる内容です。

(私のコメントは、文中<< >>で囲った部分に記載します。)

加藤敦志様

いつもためになるメルマガありがとうございます。

<<こちらこそいつも読んでいただきありがとうございます。>>

こういったメルマガは、目先の商売にとらわれている
内容が多いなか、現代バレーボールへの問題提起など
感心して読ませてもらっております。

<<そう感じてもらって、非常に光栄で、嬉しい限りです。>>

さて、先日送信されました、暑中お見舞い2の
ファミリーマートカップの敗戦チームの光景や指導者への
要望など、私も全くの同感です。目先の商売と同じで、
その悔しさを味わわせるための結果であってはならない
はずです。

<<多くのチームが負けに対する気持ちが大きすぎると
感じました。小学生や中学校の時期は、敗者復活的な
側面を強調しても良いのではないかと、つまり、

まだ努力すればこの悔しさを晴らすこともできる、
もっと上手になれるというところなのですが、、。

そして、もっとこの時期の多感さが悔しいだけに
現れない方が自然だと思ったわけです。>>

勝つことを否定するわけではありませんが、本質を見誤った
指導者と保護者に育てられた、子どもたちのコメントにも
あらわれているのにも不安を感じます。

<<勝つこととそれ以外の価値観の共存、その境界線を
どう引くのか。これは指導者・コーチにとって非常に重要
かつ難しいところでもあります。

そして、それは常に流動的なものだと思わなければなりません。
それは人間の価値観が近年のIT技術革新などで簡単に得られる
情報なってやり取りされ、そうしてそれに左右されるからだと
考えています。今世の中ではさまざまな情報が飛び交って、
それも容易に手に入れることができます。>>

私も2年前まで4年半ですが、少女バレーのコーチを
していました。

<<そうですか、ご苦労様です。コーチを経験されて
良かったことも思い出してください。>>

自分の育った環境は旧来の「やらされプレー」で、
コーチをしたチームも昔ながらのチームでした。

<<私の育った環境もまさしく同じでした。そして、実は、
私がこの領域に達するまで、指導者として間違ったことを
随分犯してしまいました。体罰も加害者でありました。
今考えると身が縮む思いで、このようなことをお話して
いるのが、お恥ずかしい限りではあります、、。>>

間違っていることを伝えていくことのむずかしさを
感じながら仕事の都合で退きました。

<<ただ、今直接選手の皆さんとのコーチはないですが、
講習会などで交流させてもらっている際に、指導者・
コーチの方々には決して私の二の舞は踏まないように、
私を反面教師として下さい。そうすればきっと
よい結果が必然的に増えます、とお伝えしています。>>

-中略-

ただ試合に勝つためのDVDが出回っているなか本当に大切な
ことを教わったと思います。ほとんどの都道府県でスポーツを
する子どもが減っているなか本当に大切な取り組みをしている

-中略-

少数派の活動が今後主流になってくるはずです。

<<ありがとうございます。これからも自分のできることを
精一杯尽力するつもりです。>>

ですが、そのスピード感のなさには、根強い間違った意識が
邪魔をしているように思います。今後もスポーツ界を変える
活動を陰ながら応援いたします。

<<これからの日本のスポーツはきっと変革して行きます。
その象徴、目標となるのが2020年の東京オリンピックであり、
(オリンピックは、体罰指導や行き過ぎた勝利至上主義が
横行する国にふさわしくありません。オリンピックを目指す
という過程を通してたくましい子供たちが育つお手伝いを
することは私たち大人の義務だとも思います。)

また、私たちの愛してやまないバレーボールにおいても
日本バレー協会会長に若い羽牟氏が就任したことで、
様変わりする機運を感じています。どうか、以前を
落胆なさらず、今後に期待しましょう。

また、できれば、ご自身の理想とされるバレーボール
チームを小さくても良いですから始められることを
お願いたいと思います。

穿ったものの言い方をすれば、スポーツには勝敗は
付き物であり、勝負では、必ずどこかで負けるのです。
いつかは負ける、そして辞めるときが来ます。
永遠には続きません。

しかしたびたび起こる負けという事象に対して、
したたかに対応して強く生きる能力が育てば
それは勝利以上のスポーツ価値があることだと
信じて疑いません。

どうか今後のご健勝をお祈りしています。
また、お便りをお寄せ下さい。>>

【編集後記】

世界選手権2014アジア予選(9/4~8)が行われ、
全日本女子は本大会の切符を得ましたが、
男子は残念な結果に。

でも、ゲーリー・サトウ監督のもと意識改革の
真っ只中であり、とても悔しいですが、
真摯に受け止めて、次の成長を期待したいと
思います。

そうです、すべては「負け」の悔しさから始まる
のですから。何度でも、立ち上がれ全日本男子!

関連記事

  1. スランプに陥った場合の脱却法

  2. 女子ワールドカップを(加藤)が斬る! 体格・体力に恵まれた上位チ…

  3. すごい、優秀!ドーピング違反件数からみる日本のスポーツ指導・コー…

  4. Vプレミアリーグ、レギュラーラウンド大詰め!

  5. 自分の「強み」を知っていますか?

  6. 指導者のための大切な心得

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る