menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

ソチ、冬季五輪に想う。スポーツの心

今週は大雪の天気のもと(寒いです)、バレーボール、
そしてスポーツの話題をお届けしましょう。

そうですね、ソチの冬季五輪が始まりました。
他の競技のこととはいえ、バレーボールに
通ずる多くの学びがあると思いますよ。

◎冬の五輪、雪や氷の上でも熱いぞ!
前号で、女子アイスホッケーのスマイルジャパンの
活躍を期待していると書きました。残念ながら、
初戦はスウェーデンに0-1の惜敗だったようです。

しかし、北欧の強豪相手に素晴らしいスコアだと
思います。これはやはり期待できるでしょう。

○こんなドラマがあるんだ!

思わず、「神も仏もあったものじゃない」と思ったのが、
女子モーグルの上村愛子選手の4位という結果。
前回のバンクーバー五輪で4位、念願のメダルに手が届く
ところまで来たのに、「なんでこんなに一段ずつなんだろう」
とインタビューで涙を見せた彼女。これを知っていただけに、
今回も最後の選手が終わる前まで、3位につけていた彼女に
メダルを取らせたいと思ったのは、私だけではないと思います。
そう、日本中がそう願ったと思います。
しかし、結果は逆転で4位。

う~ん、何も言えない。不運としかいいようがない。

五輪に連続5回出場するその気力たるや素晴らしい。
結果がなかなかついてこなければ、途中で投げ出したく
なるのが人間の常。しかし、彼女は踏ん張った。

それを世間が知るところとなったこと、素晴らしい
価値を私たちに残してくれました。ただひたすらに
自分の信じる競技について20年に渡る努力を続け
られるでしょうか?

本当に、胸が熱くなりました。なんでだろう?
ただただ拍手を送りたい。

ここで想うこと、スポーツは残酷で、不合理なものだと
言うこと。それは努力しても実らないことが如実に
試合の場で表れるから。バレーボールでもそう、
一生懸命練習しても試合で勝つのは1チームだけ。

後はみな敗者です。だからといってその人たちが
努力を惜しんでいたか、そうではありません。

ここにスポーツの妙味がある。敗れても得るものがあるから、
人間が作り出した肉体で表現(体現)する文化と言える
ものがそこにある。スポーツが廃れない理由がそこにある。

※文化とは人間の生活を豊かにするために、その叡智で
創り出されたものとの解釈です。

きっときっと上村選手は、メダル以上の何かをつかんだ
のではないでしょうか。これからの人生を歩む上での糧、
中心となるものを。

今回の彼女のインタビューを見ていて、
「負けてくさらず、勝手おごらず」というスポーツマン
として身に付けたい精神を学んだ気がしました。

バレーボーラーも斯くありたいですね!

ソチの冬季五輪に負けない熱戦、バレーボール。
こちらもよろしく
・VプレミアリーグHP
⇒ http://www.vleague.or.jp/

◎キラっ、なるほど!情報3
「温故知新」2001年に開かれたアジアコーチセミナー、
それに出席をしていました。

その時の講師が、現イラン男子監督のフリオ・べラスコ監督
(当時はイタリア監督?)。その方の講習内容をレジュメで
読み返していました。

ここでキラっとした「日常習慣と試合クセ」についての3回目。
彼がそのセミナーで日本のバレーボールへの提言で、
「日本ではスパイク練習を単独で行う傾向がある」と述べました。
要するに自由にのびのびとブロックやディグ(レシーブ)を
付けずに練習をしている。というのです。

それにより、試合でのそれらのプレッシャー(物理的には大きさ、
高さ、そして、精神的にはそれを粉砕できるか、抜くことが
できるかという気分的な重圧)に対抗できないと喝破。
とても鋭い指摘で、今でも通用するところ大いにあり。

試合に慣れること。
練習のための練習をしない。

とはよく聞かれる言葉です。常日頃の練習から、試合を意識した
ものであることが実践に有効です。バレーボールの動きを取り出して、
分習法で練習するときに注意する点が、ゲームライク
(game like:より実践にちかい状態)になっていることです。

もしくは前回説明したM-T-M法で、個別練習をしたら実践形式を
次に行い、その練習の効果をチェックすることが必要です。

Vプレミアリーグや大学、高校のトップチームでもこういった
シュミレーション練習を多く行っています。

ややもすると毎日が同じパターンの練習になりがちで練習のための
練習に陥ります。ですから、常にその効果を検証するべきでしょう。

そういった意味で、べラスコ監督の示唆は、非常に有効です。

【編集後記】

とても残念です。
このメルマガでも再三に渡り、全日本男子の応援をしてきました。
しかし、先週、ゲーリー・サトウ監督が退任。

現在Vプレミアリーグのパナソニックの南部監督が後任に
就くようです。ここでは種々多くを語ることはしません。
ただ、環境が整わない中での2013年の結果の責任を
負ってのことなのでししょう。

関連記事

  1. 【指導者必見】バレーボールを通じて何を育ててあげるか?

  2. Vプレミアリーグ、レギュラーラウンド大詰め!

  3. 激闘アジア大会を振り返る

  4. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?

  5. 自分の「強み」を知っていますか?

  6. ミスを起こしにくくなる思考とは?

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る