menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

ミスを起こしにくくなる思考とは?

 

試合のプレー中に起こるミス。

一度ミスをしてしまうと、「次はもう絶対ミスできない…」と焦ってしまってもう一度ミスを起こしてしまう。

これは、誰しも一度は経験したことがあることではないでしょうか?

実は、ある思考が備わっていれば、ミスを起こしにくくすることができるのです。

今回は、ミスを起こしにくくなる思考というテーマでお話していきたいと思います。

 

■ ミスを起こす思考

例えば、相手のセットポイントで自分にサーブが回ってきた場面。

このときのミスが起こりやすくなる思考とは、「このサーブは絶対に外してはいけない」というように、ミスをしてはいけないという意識がとても強い思考です。

このように、「~してはいけない」という意識が強くなればなるほど、望んでいる結果と真逆の結果が起きてしまうのです。

つまり、余計なプレッシャーがかかった状態を自分自身でつくってしまっているということになります。

■ 「~してはいけない」を「~する」に変換する

では、ミスを起こしにくくするためには、どのような思考が必要なのでしょうか?

それは、「このサーブは絶対に入れる」という思考です。

「~してはいけない」という思考から「~する」という思考に変換することで、ミスを起こしにくくなります。

しかし、ネガティブ思考の人にいきなりポジティブ思考になってください!と言ってもむずかしいですよね。

ですので、まず意識していただきたいのは「今やらなければいけないことは何か」ということ。

相手のセットポイントで自分にサーブが回ってきた場面では、サーブを確実に相手コートへ入れることが重要です。

このとき、「このサーブは絶対に外してはいけない」ではなく、「このサーブは絶対に入れる」と意識するのです。

このように、「~する」という思考に切り替えることができれば、ミスを減らすことにつながると言えます。

■ 思考を切り替えるための方法

1.深呼吸

気持ちを落ち着かせたいときに有効な方法の1つが、深呼吸です。

深呼吸は、そのリラックス効果から、バレーボールやスポーツに限らず緊張やプレッシャーを感じる場面などで取り入れられています。

「~してはいけない」という思考になっていると感じたときは、すぐに深呼吸をしましょう。

焦りやネガティブ思考をリセットすることができ、思考を切り替える場面で有効な方法です。

2.ルーティン

もう1つの有効な方法が、ルーティンです。

サーブが打たれるまでのプレー開始前のタイミングで、自分で決めたルーティンをおこなってみてください。

深呼吸と組み合わせておこなえば、さらに気持ちを落ち着かせて思考を切り替えることができるでしょう。

 

ぜひ、今回ご紹介した内容を実践していただき、ミスを起こしにくくなる思考を身に付けてメンタル面を鍛えていきましょう!

 

関連記事

  1. 試合における「1セット」の考え方

  2. 自分の「強み」を知っていますか?

  3. バレーボールに話題復帰!

  4. チーム目標と個人目標を立てることの大切さ

  5. あえて、大喝!リオ五輪、全日本女子の第一戦

  6. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る