menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法
  4. サーブは○○を狙って打て!
  5. ボールを止めるだけじゃない!ブロックの役割
  6. 【指導者必見】試合で悪い流れを断ち切る方法
  7. 基本の次のステップはこれ!サーブ練習2選
  8. ここまでやっておこう!備えのレシーブ練習2選
  9. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ
  10. スパイクはブロックを意識して打て!
閉じる

バレーボール弱者強育塾

【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ

 

今回は、初心者が多いチームの指導者の方に向けて、選手自身が「バレーボールが楽しい」と感じることがいかに大切かというテーマでお話をします。

初心者指導においては、質の高い練習を実践したりと練習内容にこだわる必要はありません。

最も大切なことが、選手自身が「楽しい」と感じることなのです。

では、ここからは具体的なお話をしていきたいと思います。

 

■ 成功体験が上達へつながる

まず、選手自身が「バレーボールが楽しい」と感じるのはどういうときなのかを考えてみましょう。

練習であれば、遊び感覚でできる練習のとき。自分の好きな練習のとき。珍プレーが起こり選手同士で笑い合うとき。

試合であれば、自分が得点を決められたとき。ファインプレーで周りを盛り上げられたとき。チームが勝ったとき。

このように、いろいろ考えられる場面があります。

楽しいと感じる場面はたくさんあるということが分かった上で、今回お伝えしたいことは、「成功体験」についてです。

練習中・試合中、今までできなかったプレーが成功したとき。このときにも選手は「楽しい」と感じます。この成功体験こそがとても大切なのです。

成功体験によって感じた「楽しさ」は、次の成功体験を生む力につながります。

つまり、選手自身が成功体験を重ねていけばいくほど、上達へと向かっていくということです。

 

■ 初心者向けの練習方法について

成功体験が上達する上で大切だということは、先程のお話でお分かりいただけたと思います。

選手自身が「バレーボールが楽しい」と感じ、成功体験を重ねるために指導者ができることとして、練習メニューの工夫が上げられます。

では、具体的にどんな練習をすればいいのか?ということについてですが、これはとても簡単です。

「成功体験が生まれやすい練習」です。成果が見えやすい練習とも言えますね。

成功体験が生まれやすい練習は、選手の向上心・モチベーションアップにもつながります。

選手自身が「できた!」と感じられやすいものがよいので、「○回中○回成功できた」というようにカウントできるものなどがおすすめだと思います。

 

今回のお話をまとめます。

指導者の方は、成功体験が生まれやすい練習メニューを考えて実践してみてください。

選手自身がバレーボールを楽しんで競技することが、上達する上では最も大切だいうことを覚えておいてください。

指導は大変ですが、選手たちから学ぶことが多くあります。がんばってください!

 

関連記事

  1. -【続】梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があっ…

  2. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?

  3. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて

  4. おめでとうバレーメルマガ150号記念!

  5. 開幕直前リオ五輪、全日本女子の実力迫る!

  6. 冬の増刊号- 閑話休題2&「冬の講習会―福島白河編-」

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクに焦点を当てて、いろんな種類のスパイクを紹介したいと思います。…
  2. 今回は、ある程度サーブ技術が身に付いてきたときにチャレンジしたいジャンプサーブの…
  3. 走ってもレシーブが追いつきそうにない… そんなときには、思い切り飛び込んでレシー…

おすすめ記事

  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る