menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

「試合後の振り返り」の大切さ

 

試合後、あなたのチームの選手たちは振り返りをしていますか?

上達したい!と思ってバレーボールをしているのであれば、試合後の振り返りは欠かせません。

その日の試合の内容をその日のうちに振り返っておくということは、試合翌日からの練習・次回の試合などに活かすために欠かせないことです。

試合に勝った!試合に負けた… という目先の結果だけを受け止めて終わっていては、とてももったいなく、バレーボールの上達のチャンスを逃してしまっていると言っても過言ではありません。

では、「具体的に何を振り返ったらいいの?」と思われた方のために、今回は「試合後の振り返り」に焦点を当ててお話をしていきたいと思います。

 

■ 自分の課題を明確にする

試合後の振り返りにおいて、最も大切なポイントが「自分の課題を明確にする」ということです。

試合に勝っても負けても、試合後には必ず自分自身の課題があるものです。

では、どのようにして自分の課題を明確にしていくのかということについてお話します。

まず、ミスプレーと好プレーの2つに大きく分けて考えてみましょう。どちらのプレーにも、その結果を招いた理由が存在しますよね。

この理由を掘り下げていきます。なぜあのときミスをしてしまったのか?なぜあのとき好プレーが決まったのか?というように。

こうすることによって、自分の課題が明確になってきます。

 

「課題」と聞くと、ミスプレーの掘り下げで得られる改善点だけでは?と思ってしまうところですが、好プレーを振り返ることもとても重要なのです。

同じ状況での決定率を上げる練習、他の状況でも決められるようになる練習、というように、十分に練習の課題となりうるものです。

この課題を、日々の練習の目標として掲げて、クリアにしていきましょう。

練習 → 試合 → 課題の発見 → 練習 → 試合 → 課題の発見・・・というように、これを繰り返していく中に上達があります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

「振り返りの重要性を知らなかった!」「今まで簡単にしか振り返りをさせていなかった、そんな目的があったのか…」と思われたのであれば、必ず実践しましょう。

試合後は、選手それぞれ自分の課題が明確になるまで自分自身のプレーを振り返ってください。

選手が試合後の振り返りを自然とできるようになると、普段の練習からも「なぜ」という思考であらゆることを考えられるようになり、自分で考えて行動できる選手に育つことでしょう。

 

関連記事

  1. 【特別企画】にしちゃいました!お届けもらった声に寄せて。

  2. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?

  3. 知っておきたいバレーボール指導者のための極意

  4. ソチ、冬季五輪に想う。スポーツの心

  5. あっと驚く、情報共有シリーズ開始!

  6. 緊急提言 サッカーワールドカップに学ぶ

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る