menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

チーム目標と個人目標を立てることの大切さ

 

あなたのチームでは、どのような目標を立てていますか?

部活動など競技としてバレーボールをする上で、目標を立てることは非常に大切なことです。

立てた目標によって得られる結果が変わってくる、ということは言うまでもありません。

今回は、「チーム目標と個人目標を立てることの大切さ」についてお話をしたいと思います。

結論からお伝えすると、「全員が同じところを目指せるチーム目標」「チーム目標の達成につながる個人目標」の2つの目標を立てることが大切です。

 

■ チーム目標

チーム目標では、全員が同じところを目指せる目標を立てるようにしましょう。

全員が同じところを目指すためには、チームのレベルに合った目標・達成している姿が浮かぶ目標にする必要があります。

例えば、大半が初心者のチームの目標が全国大会出場!というと、レベルには合っていると言えず、さらに指導者も選手も達成している姿が浮かびにくいですよね。

このように、達成している姿が浮かばない目標は、目標の意味を成しません。

県大会に出場したことのないチームは、県大会に出場する目標。県大会でいいところまで勝ち進めたチームは、県大会で優勝する目標。

というように、チーム目標を立てるときは必ず「全員が同じところを目指せる」ということを意識するようにしましょう。

 

■ 個人目標

個人目標では、チーム目標の達成につながる目標を立てるようにしましょう。

個人目標を立てる際は、チーム目標を達成するために自分自身が取り組むべきことは何か?を考えて立てます。

具体的でかつ評価しやすいものであればあるほど、目標としては好ましいですよ。

さらに、チーム目標の達成につながるという点に加えて、長期的にみて自分はどんな選手になりたいか?ということを考えることも大切です。

個人目標は、チーム目標達成のためのものであり、自分の成長のためのものでもあります。

これらの点を踏まえた上で、個人目標を立てるときは必ず「チーム目標の達成につながる」ということを意識するようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

全員で同じ目標に向かって突き進んでいるチームは、1つの組織として非常に強いものになります。

そして、目標を達成するために周りの人と協力して一生懸命に取り組んだ経験は、今後の人生に必ず活かされるものになります。

これは、学生時代にスポーツに打ち込んできた私が断言します!

バレーボールをやっていてよかった。と大人になっても思えるために、目標を立てて突き進んでいきましょう!

 

関連記事

  1. あっと驚く、情報共有シリーズ開始!

  2. ミスを起こしにくくなる思考とは?

  3. 真央の舞に涙!ソチ、冬季五輪に想う(3)

  4. 続報 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)に寄せて

  5. -【続】梅雨明け?夏に向かって- すごいマルチサポート飲料があっ…

  6. 信頼される先輩になろう!後輩への接し方

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る