menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

部活動において大切な心得

 

今回は、部活動において大切な心得というテーマでお話をしたいと思います。

お話する内容は、シンプルで当たり前だと思われがちなことですが、当たり前なことこそ疎かになっていたり意外とできていないものなのです。

今一度、自分自身はできているか?ということを確認してみてください。

結論からお伝えすると・・大切な心得は、「挨拶」「目を見て話を聞く」「靴をそろえる」の3つです。

 

■ 元気よく挨拶する

挨拶は、本当にたくさんのパワーを秘めています。

元気のよい挨拶をすると、挨拶をされた相手の気分だけでなく自分自身の気分も上がり、ハッピーになります。

部活動に関わる人に対してだけではなく、どんな人に対しても大きな声で元気よく挨拶をするように心掛けましょう。

1日は、挨拶で始まり挨拶で終わります。1日の気分をつくるのも、1日の終わりを締めくくるのも挨拶ということ!

 

■ 目を見て話を聞く

指導者やコーチなど目上の人の話を聞く際は、目を見て話を聞けていますか?

話している人の目を見ず、違う方向を見たり目を逸らしたりすることは、話している人に対して失礼にあたります。

複数人でおこなうミーティングでも、1対1の対話でも、誰かから話を聞くときは「自分に向かって話をしてくれている」という意識を持つようにしましょう。

話し手の目を見て話を聞くことで、「話を聞きます」という姿勢を相手に示していることになります。

 

■ 靴をそろえる

「はきものをそろえると心もそろう」という言葉がありますが、これは私自身も経験して大切にしてきたことの1つです。

全員が靴をきちんとそろえているチームは、心が1つにそろっているチームだと言えます。

自分のチームはできてるか?を一度考えてみてください。これは、強いチームほど徹底されている傾向にあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

「当たり前のことを当たり前にする」ということは、意外とむずかしいものなのです。

できていないかもしれないと思った方は、こういった基本的なことから見つめ直してみてください。

今回ご紹介した内容は、部活動のときだけに限らず、人として大切な心得だと考えています。

大人になって社会に出てからも必要なことであり、普段から意識して生活しておくことで必ず活かされるものになります。

この3つの心得を大切にし、部活動から人間力を身に付けていきましょう!

 

関連記事

  1. 冬の増刊号- 閑話休題です&「冬の講習会―福島白河編-」ともに

  2. 優勝決定!?プレミアリーグ

  3. 試合に勝つためのメンタルをつくる方法

  4. Vプレミア初優勝JTの強さ2!&モロモロ、」その他

  5. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ

  6. 緊急提言 サッカーワールドカップに学ぶ

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る