menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
  4. 季節はずれですが、この夏合宿の最終章です!
  5. 全日本シーズンの終盤にあたり
  6. 激闘アジア大会を振り返る
  7. 緊急報告 激闘第17回アジア大会
  8. バレーボールの夏から秋を巡って
  9. バレーボールの夏を追って 6
  10. バレーボールの夏を振り返って
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

国内のバレーボールシーズンもいよいよ!

 

今月は、東北(山形・福島)での講習会に備えて、
準備をしています。どちらも半年、一年振りの
再会となるので、選手・コーチや関係者の方々に
お会いでき、皆さんの成長された姿を見ることは
とても嬉しいことです。今からワクワクしています。

――――――――――――――――――――――――――――

◎第20回Vプレミアリーグ女子開幕

さていよいよ今年から来年4月
(2014年3月にレギュラーシーズンは終了)する
長丁場のリーグ(女子)が開幕しました。
(男子は来年1月7日より開幕します。)
楽しみですね。

女子の展望ですが、前回優勝の元全日本女子のセッター
中田監督率いる久光製薬を中心にリーグが展開していく
ものと思われます。ちなみに、11/30の初戦の結果は、

・JT3-1トヨタ車体
・久光製薬3-0東レ
・岡山シーガルズ3-1NEC
・日立3-1パイオニア

というふうになりました。

まだまだ序盤、どのチームにも健闘を祈ります。

ただ、先日まで、ワールドグランドチャンピオンズカップ2013
に出場していた選手を多く抱える久光製薬は、チームの
コンディション作りに苦労したことと思います。

「追われる立場となって開幕戦を前に、中田監督は緊張で
手が震えたという。<<中略>>2連覇へ好発進。監督は、
『とりあえず1勝できて良かった』とホットした様子で話した」。
(毎日新聞 12/1 朝刊より抜粋、加藤改編)

この気持ち痛いほどわかります。それは、
「先日終了したワールドチャンピオンズカップに出た
日本代表勢が、チームで一緒に練習できたのは9日間
だけだったという」。(同紙より)という理由が
あるからです。

これはチームを預かる監督としては大変な問題です。
リーグ前のコンディショニングは1~2ヶ月前から逆算して
行われます。その期間の持って行き方では、リーグの行方を
左右するほどの重要なポイントをしめる部分。それが、
たった9日間だけの調整となったというのですから、、!

しかし、地力のある選手が揃っているチームは個人技で
それをカバーすることができます。
きっとそれがこの日の久光製薬だったのでしょう。

「細かいフォーメーション(攻守)や戦術よりもそれを
単純化して、個々のパワーや技術で切り抜ける」。

という方向で持っていったのでしょうね、きっと。

「選手層の厚いチームの今季最大の目標は、
『アジアクラブ選手権優勝』」だそうで、
目標も高いところに設定していますし、さすがに
多くを知る中田監督ならではの狙いだと感じます。

「目標は高ければ高いほどよい」。

高いモチベーションと個人技を擁する久光製薬を
他のチームがどう追随していくのか、興味深く
追ってみたいと思います。

様々な見どころのあるVプレミアリーグ、
楽しみましょう。

◎全日本への応援歌No11

4年に一度の国際連盟(FIVB)公認の
ワールドグランドチャンピオンズカップ2013が
全日程終了。

結果、女子: 3位、男子:6位 日本でした。

今はこの戦いの分析、課題の抽出、それをとりこんだ
計画立案と実施をスタッフ陣が実施していることでしょう。

女子においてはロンドン五輪の銅メダル後のメンバーを
入れ替えてのプレーぶり、客観的には非常によくやったと
私は思っていますが、客観視する作業が粛々と行われて
いるでしょう。

来年の世界選手権に照準を合わせたものと思います。
如何に今のポジションをキープして、かつ向上できるか。
これが最大テーマになります。

さて、男子ですが、初の外国人監督ゲーリーサトウ氏の下、
チーム改革を見越して、懸命に取り組んで来たと思いますが、
中々上々の結果をあげることは出来ませんでした。

私が感ずるに、
1.選手の招集が不十分(大学生などの若手がユニバーシアード
などの日程と重なり、選出されなかった。)

2.日米のコーチング文化のシナジー効果が今の段階では出ていない。

3.世界のバレーボールの進度が速い。(特にアジアチャンピオンの
イランはもともとあった高い潜在力〔選手・組織、取り巻く環境等〕を、
外国人監督(元イタリア代表監督べラスコ氏)の招聘で一気に
ブレークしました。

もともとプロリーグもあり、また、近年のナショナルチームの好成績で、
サッカーを追い抜かんまでの人気が出始めているということを
関係者から聞きました。私たちの知らない内にどんどん世界は
変化しています。)

今後は、これらに対して、効果的な具体プランが必要になります。

「臥薪嘗胆。しかし、捲土重来」。

を期待せずにいられません。Stand Up 全日本男子!

【ご参考:これから国内大会の日程】

・Vプレミアリーグ(女子11/30~、男子12/7~ 各地開催)
⇒ http://www.vleague.or.jp/

・天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権(12/11~15 於東京)
⇒ http://www.jva.or.jp/in_japan/2013/6alljapan/roundfinal.html

・全日本大学選手権(12/2~12/9 於東京)
⇒ http://www.volleyball-u.com/incolle/2013/incolle2013.html

――――――――――――――――――――――――――――

【編集後記】

さて、クイズです。

◎ブロックの時に、選手は目をつぶっているか、いないか?

皆さんはどう思います??

正解は、
「目をつぶってはいけない」です。

なぜでしょうか?

ブロックは相手のスパイクを阻止するプレーですが、
「相手のボールではなく、意図を阻止する」と
言い換えができます。

すなわち、相手のトス、そしてそれを打つ相手スパイカーの
一連の行動を察知して、瞬時に飛来するボールの方向を読み、
そこに阻止するための腕(もしくは両腕)を打さなければ
なりません。

そうです、ボールを中心に(ボールだけを)見ては
いけないのです。

「見る」より「視る」と言った方がいいのかもしれません、
機能的に。そして視るのは、相手スパイカーの考えから
導き出される動きなのです。

顔(表情)それも目をまずチェックすべきでしょう。

「目は口ほどにものを言う」。

感情、意図は顔(表情)に出る、目にはもっと出る、
という例えもありますから。

さすがに、男子試合では、至近距離でスパイクによって
ボールが衝突・炸裂しますのでその音や空気の波動、
振動?で一瞬目をつぶることもあるかもしれません
(特に男子)しかし、なるべく目を開けて多くの
情報を察知しようとするのが優れたプレーヤーの
条件となります。

これから始まるVプレミアのTV放映などでネット際
での攻防が、スーパースロー画面が映し出された時に、
ブロッカーがどこを観ているかなど、こちらが
観察すると面白いかもしれません。

ブロックって結構、プレーする方も、コーチする方も、
動作は単純ですが、奥が深いものです。

そ、そうですね、来週からブロックの技術編を
お送りすることにしましょうか!

関連記事

  1. 全日本シーズンの終盤にあたり

  2. 第2弾・国内のバレーボールシーズンもいよいよ!

  3. 緊急報告 激闘第17回アジア大会

  4. 画期的なブロック練習法

  5. 春の高校バレー結実、高校生のピュアなプレーに感動!

  6. バレーボールの夏から秋を巡って

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. さあいよいよVプレミアリーグ2014-2015が始まりました。◎Vプレミア速報初日男…
  2. ◎いよいよVプレミアリーグ開幕!先週まで今年の私の思い出=夏合宿の話題でしたが、今週から一気…
  3. いやーすごく寒くなって来ました。北海道では雪が降ったとか?あなた様のお住まいのところではいか…

おすすめ記事

  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
ページ上部へ戻る