menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

ブロックにおいて大切な4つのポイント

 

相手のスパイクをくい止めるプレーのブロック

試合中ブロックが決まって得点となると、チームが一気に盛り上がり、士気も高まりますよね。

守備のプレーでありながら攻撃とも捉えられるブロックは、身に付けておきたい技術です。

ブロックは、守備・攻撃だけでなく、相手アタッカーにプレッシャーをかけられたり、ワンタッチをとってスパイクの威力を弱めることもできるプレーです。

今回は、そんなブロックにおける大切なポイントをご紹介したいと思います。

 

■ 正しいフォーム

ブロックに限りませんが、正しいフォームでブロックすることが大切です。

静止時、ジャンプ、ステップ、タイミング、手の出し方・・・ すべて正しいフォームでおこなえていますか?

すべてのフォームが正しくできてこそ、上達がついてきます。

スムーズにいかないときは、1つ1つの動きを丁寧に確認しながらおこないましょう。

 

■ フィジカル

ブロッカーのポジションには、一般的に背の高い選手が選ばれることがほとんどです。

やはり、ブロックにおいて身長は大切なポイントです。

さらに、身長だけではなく、指高(腕を上に伸ばしたときの地面から指先までの高さ)が高ければ尚よいでしょう。

 

■ ジャンプ力

フィジカルがよい(身長が高い)だけでは、相手の強烈なスパイクを止めることはできません。

もちろん、ジャンプ力を身に付けることが必要不可欠です。

高いジャンプ力が身に付いていれば、身長が低い選手だってジャンプで身長を補えるのでブロックを決めることができますよ。

そういったプレーが決まれば、チーム全体もさらに盛り上がることでしょう。

 

■ 状況判断力

ブロッカーにとって非常に大切なのが状況判断力です。

今ご説明した、正しいフォーム・フィジカル・ジャンプ力が備わっていたとしても、状況判断力がなければブロックを決めることはむずかしいのです。

状況判断力とは、相手の動きを見てどのようにブロックで止めるか と瞬時に判断する能力です。

相手コートにボールが返った瞬間から、相手の動きを脳ですばやく分析しなければなりません。

ブロックの直前まで、スパイカーの助走・手の向き・フォームを見て正確に動く必要がありますので、正確な判断が瞬時にできるかということが大切です。

 

 

今回は、ブロックにおける大切なポイントをご紹介しました。

トップレベルのブロッカーを見ていても、今回のポイントが大切なことがわかります。

状況判断力については感覚の部分にもなるので、とにかく試合形式の練習や試合本番などで数をこなすことが重要になります。

トップレベルのブロッカーの動きを見てイメージトレーニングするのもいいでしょう。

守備のブロックではなく攻撃のブロックが魅せられたらカッコいいですね。

 

関連記事

  1. 第2弾・国内のバレーボールシーズンもいよいよ!

  2. 全日本シーズンの終盤にあたり

  3. ごめんなさい! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)閉幕

  4. ボールを止めるだけじゃない!ブロックの役割

  5. -第3弾・国内のバレーボールシーズンもいよいよ!-

  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る