menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

【1歩の差】を埋める方法

「1歩目、1歩の差」

これをどう埋めるか?

そこにはどう具体的に実行して、
その効果が直接的に結びつくかのメソッドがあります。

このメソッドはキチンと(運動)生理学に
基づいた理屈に沿っているのです。

http://rs39.net/c/tr/ctid_2/bl/

理屈が理解できること=こうなれるという目的が分かるということ
=上達率が(その目的を持つことで)早くなるということになります。

バレーボールでの「1歩の差」の大きさを理解しつつ、
バレーボールは観る面白みの側面から例えると、

・「スピーディー(速く)」であり、

・「パワフル(力強い)」でもあります。

それは選手が放つボールの状態がそうであり、
またそのボールを放つ選手の動きがこうなのです。

相手の選手もそのスピーディーさと
パワフルに対応しないと勝ることができません。

これはそのまま
選手のフィジカル(体力)面でも

・「スピーディー(速く)」であり、

・「パワフル(力強い)」でもあるといいうことです。

今まさに日本のトップリーグVプレミアリーグが1次リーグの終盤、
ファイナル6に進む争いの真っ只中ですが、

男子では、1mを越すジャンプから
繰り出されるものすごいパワーのスパイク。

相手側は、それを上回る動きで弾き返し、
味方の攻撃に繋げる、

「パワー対パワー」

のゲームがバレーボールの本質、
そして醍醐味です。

つまり、バレーボールを運動生理学的、
フィジカルトレーニングの側面から例えると、
「パワー」スポーツと言えます。

そう考えて行くと、
井上さんのこのDVDは、

まさしくバレーボールには
「持って来いの内容」であることに気付きました。

それも「すこぶる適しているな!」と。

井上さんはこうおっしゃいました。

「パワーの公式、これを忠実に向上ことこそ競技力(パフォーマンス)向上の鍵。
それにはその理屈をまず理解することが大切」。

パワー(の公式)=スピード×力(ストレングス)

このDVDはこれを体得する、
具体的なエクササイズが紹介されています。

長年指導、コーチングの場を
経験してきた筆者にとっては、

従来のものから
より斬新さを感じるものが満載され、

従来のフィジカルトレーニングよりも
機能的な向上がなされると思います。

ファンクショナルトレーニングの真髄がそこに見えます。

「1歩目~5メートル以内を高速移動!
~ファンクショナルトレーニング『瞬発力向上メソッド』~

と、銘打ったこの内容はやはり必見です。

詳しくはコチラ
http://rs39.net/c/tr/ctid_2/bl/

関連記事

  1. 【募集】バレーボール教材に関する、仕事のご依頼です。

  2. 「走る=跳ぶ」意外な事実

  3. 動きの良い選手には共通する「ある部分」とは?

  4. 【募集】バレーボール教材に関する、仕事のご依頼です。

  5. バレーボールは【1歩の差】で天国か地獄。

  6. ジャンプには「3つの種類」がある

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る