menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き
  2. 暑い夏を乗り切るアイデア
  3. 強みを生かすことの提言
  4. 「アタック」と「スパイク」について
  5. スパイクの「シフト-ヒット」について
  6. スパイクのテイクオフからサスペンションについて
  7. スパイク動作のテイクオフについて
  8. スパイクのスイングについて
  9. スパイクの踏み込みについて
  10. アタック・スパイク・攻撃
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

暑い夏を乗り切るアイデア

こんにちは!

今回は、この残暑の中の話題として、
暑い夏を乗り切る、今までの長い経験から
得た知識・アイデア(コーチ・指導者の方々向け)で、
これは、というものをご紹介したいと思います。

まずは、極めつけの一策。

「猛暑、気温32℃に達したら練習しない」

これは、大原則だと思います。
筆者は、北アフリカのチュニジアという国で指導をした
経験がありますが、やはり夏は大変暑くなる地域でした。

サハラ砂漠からの熱風が一段とそれを押し上げるところです。
一度50℃近くまで上がったと、地元チュニジアの人々が
口ぐちに話していた暑さを経験しています。ヒート・アタック
(熱の攻撃=熱中症)そのものだった記憶があります。

そんな時のそこに住んでいる人々の知恵は、
「暑い時は何もしない」です。

大概の人々は、日中の一番暑い時間帯は仕事などそっちのけで、
家の木枠のシャッターを締め切り、横になって寝ています。
そうすると日本と違い湿気の少ない当地では、日差しが
直接入らない家の中、木陰などは結構涼しいのです。

そうして体力を温存します。
そして、夕方気温が低くなってから活動を再開する。
向こうのバレーボールクラブは通常から18:00とか夕食後に
始まることが多いので、すでに日差しは射しておらず、
直射日光による暑さはありません。

その当時は屋外コートが多かったせいもあり、日中の太陽が
ギラギラ輝いて、気温が高い時には、バレーボールなど
できるかという判断に繋がっていたと思います。
今はビーチバレーボールが普及して、そのような状況でも
活動すべきという状況は変化はしていますが。

さて、話を戻して、ここから得た教訓で、日本に帰国して
私がチームを持ったときに実施したのは、

「日中の一番暑い時間帯に練習をしない」ことでした。

日本は、暑さに加えて湿度が高く、日陰にいっても
体感温度があまり変わらない。これはある意味気温が
日本より高い、チュニジアの気候よりも過酷です。

暑さに対して休める場所が少ないことになります。
冷房が完備していれば良いでしょうが、施設が
整っていなかったり、それがあったとしても予算の
問題で十分に活用できない事情もありますよね!

そこで、実業団のチームの場合でかなり体育館など
自由に施設を使えるという状況がありましたが、
早朝練習(5:00-7:00)を実施しました。

その後、午前中は会社勤務して、午後の練習は
通常は13:00頃から開始するのですが、18:00頃から
1時間程度で終えるという、高温時間帯を避けて、
練習時間を分散する方法を取りました。

このやり方は、後年地元の高校生を指導・コーチ
したときも、夏休み中なるべく通常授業における
朝練の時間帯に出来るように顧問の先生に
お願いして実施したものでした。

猛暑、高温時間帯を避ける工夫も必要だと思います。
夏の暑さに勝てずに、試合に勝てるか、という論理も
よく理解できますが、それも限度があります。
人間という生体が活動出来る範囲内で有効なのでは
ないでしょうか。

「選手・生徒は、自ら判断して水を飲む」

それからその時に同時に実施したのが、自分なりの
スペシャルドリンクを工夫しておくように勧めたことです。
自ら暑い夏を乗り切る工夫をすること。やはり、選手(生徒)
の自主性、意欲がこの部分についても大切であると思っています。

しっかりと暑さに対する知識を自ら付けて、実践できる選手は、
やはりパフォーマンスも高くなります。自分の実力を最大限に
発揮しようとすることは技術面でも体調管理面においても
大変重要なよい選手としての資質となります。

そして、練習中の給水については監督・コーチがその時間を
設定、指示するのではなく、自ら判断して、

「のどの渇きが起こる前に給水する」ようにしました。

これは当時のトレーナーとの話合いの中で決めたものです。
かれこれ20年も前の事になりますが、今に至ってもこの考え方は
間違いがないところです。自分で判断して、タイムリーに実践する。

決して、「(この練習の出来が悪いから」水を飲ませない」
「暑さでダレた練習をしているから水なし」などの罰としての
道具にしてはなりません。練習のやる気の触発=気合いを入れる、
については、他の方法によるべきだと考えます。

「ウォームアップなし、コートに入ったら集中度100%で開始」

これはどういうことかと言うと、夏の暑いときにストレッチ
(特にスタティック系:動きのあまり伴わないもの)を長時間行うと、
暑さに体が負けてしまい、気持ちが萎えて、動きが抑制されます。
(これは基本的に生体反応として合っています。)

しかし、どうしてもこのような状況で、練習を実施して、その効果を
求めなければならないときには、私は、ウォームアップを抜きました。
すでに気温30℃に達していれば、筋温(筋肉の温度)はかなり上昇しており、
冬の(筋肉が)かじかむような、激しい運動に不適切な筋肉の硬さ、
こわばりはありません。

ただし、必要なのは気持ち、要は、暑さにあてられ、ダレてしまって、
集中力が出ないことです。そこで、通常行っているウォームアップを
コートでは実施しないで、コートに入る前に体と心(気持ち)を作って、
来るようにしたのです。

「コートでは本番」の状態にしておく。
その時、選手たちはどうしたかというと体育館の玄関でストレッチをして、
軽く体を動かして準備してから体育館のドアを開け、掛け声をかけて、
走ってコートの中に入って来ました。

張り詰めた緊張感を、自ら作り出す努力をしたのです。

「暑いと言ったら罰金」

暑い時に「暑い」と口に出すと、心底暑くって何もできないという
イメージを起こしますよね?「暑い」→「これからの練習大変」
→「早く終わりたい」の心理回路。

 

ですから、「暑い」と口走ったら
罰金100円と定めました。とにかくこの暑い状況の中で、「暑い」
という、ネガティブな言葉を使わずに、集中力を保つために全員で
取り組んだのでした。

※これには余談があって、これは監督・コーチやマネージャーも
例外ではなかったのです。そして、一番罰金をとられたのは
監督であった私だったのです。

「加藤さん、今いいましたよね?」「うっ、まずい」

その罰金は集められて、後日、練習後のアイスクリームに変身したのでした。
(苦笑)

夏の暑い盛りに長時間練習は厳禁です。長くても1時間半が限度。
その中に、いくらか休憩を入れてもです。練習のメニューも通常より
時間を短く、5分程度で切り替えて行き、なるべく選手の気持ちを
マンネリさせないようにすること、集中力を維持することに力を注ぎます。
(新しい練習はなるべく避けました。その動きを習得するまでに
時間がかかること。なかなか出来ないと選手に達成感が得られないからです。
せっかく暑く練習には適さない過酷な状況で行うのですから、練習後に
「よくできた」などの満足感があることが、明日への活力になります。)

そして、異常に汗をかく選手や顔色、言動が通常とことなる選手には
目を光らせておかなければなりません。少しでも異常を察知したら
ただちに練習をやめ、様子を見て、その後の処置をしなければなりません。

充分な水分、栄養補給、休養と睡眠のバランスが整っていること。
それがうまくかみ合うようにプランを立ててみて下さい。
この暑さを乗り切れば、自信も体力も技術も身につけられますから。

関連記事

  1. アタック・スパイク・攻撃

  2. バレーボールパフォーマンスを向上させる5つの基礎要素

  3. スパイク動作のテイクオフについて

  4. スパイクの踏み込みについて

  5. 強みを生かすことの提言

  6. 急ぎお伝えしたい「セッターのステップ」について

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 小学校全国大会を初めて視察をしました。この日も35℃を超える猛暑日でしたが、コートの中、…
  2. こんにちは!今回は、この残暑の中の話題として、暑い夏を乗り切る、今までの長い経験から…
  3. こんにちは!今回は、先日お呼びもらいました山形県庄内・田川地区小・中・高合同男女バレーボ…

おすすめ記事

  1. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き
  2. 暑い夏を乗り切るアイデア
  3. 強みを生かすことの提言
ページ上部へ戻る