menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

バレーボールの夏を追って 6

今週もよろしくお付き合い下さい。

8月初めに、長野小諸で恒例の高校女子合同合宿に
参加させてもらいました。その中での出来事や
気付きをお話ししている今月です。

その合宿のメニュー、ポイント簡単紹介してきました。
(ごめんなさい×2です。最終回といってもう延長戦の3に
なってしまいました。残すところ第1日目の仕上げと
第2日目があります。どうか気長くお付き合い下さい。
(謝×2))

復習です。
第1日目のこと⇒1.ウォームアップ→リードアップドリル、
2.オーバーハンドパス講習:ハンドリングの基
3.ステップワーク
4.前項の3.を使ってのディフェンスの動き、
と説明をして来ました。

さてこの日の最後、締めくくりはどうしたかというと、
ゲーム(形式)を行いました。

まず「T-M-T理論」を思い起こして下さい。
何だったでしょうか?

今一度説明するとトレーニング(練習)して、マッチ
(ゲームのこと)=実戦で練習の成果を確認する。
そして、そこでできたことをより確実にする。

もしくは、できていないことをできるようにする。
そしてまたそれを実戦で再確認という繰り返しの
トレーニング方法です。(技術取得のスパイラル向上)
実戦に強くなるとても効果的な方法と言われているものです。

本合宿では、この方法に従い実戦の動きの中で一日目に
練習したことがどれくらい出来ているのか確認するのが
目的として実施しました。

無意識で練習したことが出来ること。それが、成長

まずは練習したことを意識してやるようにする。
そうしないとなかなか新しい技術や癖の修正プログラムは
体得できません。意識しないとすぐに元に戻ってしまいます。
なぜか?

それは、実戦では、今課題にしている個々のプレーに
意識をすると(し過ぎると)動きの連続した流れに逆らい、
集中力を分散してしまって、全体としてぎこちないものに
なります。要はオーバーパスのことが気になり過ぎると、
そのプレーの良い悪いを判断してしまって他のプレーが
おろそかになるといった現象です。

よく指導者の方からこんな声をよく聞きます。
「練習では出来るんだけどゲームになったらどうも、、、」。
それはこのような理由があるからです。

加えて個別の練習よりも実戦の方がたくさんの情報が
あってなかなか一つのことに集中させてくれない
場面が多いのも一つの原因なのでしょう。

やはり個別の練習で出来ていても試合で発揮されない
のはまだその技術が定着していない証拠です。
(実戦で発揮できないこと。)ですから技術の固定化に
向けてのプログラムが必要になると思います。

そのひとつの方法が練習と実戦(試合)を分けるのではなく、
T-M-Tです。

その際にキーポイントになるのがそのプレーができた時の
フィードバック(ポジティブ)です。

新しい技術を練習して初期の段階では、選手は出来たか
どうかを自ら確認できない。

そうです、自分では良いのか悪いのか分からない。
たぶん失敗することが多いから多分できていなのだろうと
いうような消極的な感じ方。また、「それ違う!」などの
指導者からの出来ていない情報は、出来ないことを
植え付けてしまうことになります。

「何回言ったらできるんだ!」などの苛立ちの言葉での
ネガティブなフィードバックだと選手を失敗しないように
と委縮して余計によいパフォーマンスに繋がらないことが
あります。(大切なツボの部分で集中力を欠くため)

意識→無意識に転換する方法=T-M-T、そのベースは
ポジティブフィードバック!

すみません、夏が終わりになりますが、
残りは来週以降に紹介します。

【編集後記】

いよいよ第17回アジア大会が始まりました。
各競技で熱戦が繰り広げられています。

しかし水泳は強いですね!競泳の初日、200M自由形萩野選手、
100M背泳ぎ入江選手、200Mバタフライ瀬戸選手はじめ
出てくる選手出てくる選手軒並みメダルですもの。

すごい!日本の水泳のレベルの高さを感じます。
水泳連盟の育成の仕方が実を結んでいると思います。
私たちのバレーボールもセンターポールに日の丸を
挙げてもらいたいと切に祈っています。

でも気持ちのいいものです表彰式で君が代が
多く流れることは。すばらしい!

昨日、男子は予選リーグにてパキスタンと対戦3-0で勝利。
通算成績を2戦2勝としています。ファイト!

関連記事

  1. 初心者向けのレシーブ練習メニュー2選

  2. ボールを使った楽しいウォーミングアップ2選

  3. 暑い夏を乗り切るアイデア

  4. 夏合宿に想うこと。最終回

  5. 【ウォーミングアップ】俊敏性がアップするメニュー3選

  6. ペアでやってみよう!コントロール力アップ練習

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る