menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  2. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  3. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  4. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
  5. サーブカットのジャッジミスをしない方法
  6. パスのコントロール力がアップする練習はコレ!
  7. リレー形式で楽しめる!ボールを使ったウォーミングアップ
  8. 自分の「強み」を知っていますか?
  9. チーム全員が知っておこう!練習メニューの組み方
  10. バレーボールの主な反則
閉じる

バレーボール強育塾

反射神経がアップする!レシーブ練習

 

今回は、反射神経がアップするレシーブ練習をご紹介したいと思います。

速いスパイク・フェイントなど、あらゆるボールに対しても反応していかなければならないバレーボールにおいては、反射神経を鍛えておくことが非常に重要です。

反射神経を鍛えてすばやい動きが身に付けば、レシーブ力は確実にアップします。

ぜひ、反射神経がアップするレシーブ練習を取り入れ、どんなボールにもすばやく対応できる力を身に付けましょう!

レシーブが苦手な人・レシーブ力を今よりもっと上げたい人・リベロのポジションの人は、特に必見の内容ですよ。

 

■ 壁を使ったレシーブ

二人一組でおこなう、壁を使ったレシーブ練習です。

 ~練習方法~

1.ボールを投げる人とレシーブする人に分かれる。

2.壁に対し、レシーブする人は壁から2m程離れた位置で構え、ボールを投げる人はレシーブする人よりさらに後方でボールを投げるスタンバイをする。

3.ボールを投げる人は、レシーブする人がボールを正面で受けられるようにボールを壁に向かって投げ、レシーブする人は、跳ね返ってきたボールをレシーブする。

4.1から3を繰り返しおこなう。

 

 ~ワンポイントアドバイス~

・正面でのレシーブに慣れてきたら、左右に足を動かさないとレシーブできないような位置を狙ってボールを投げるようにしましょう。

・どんなボールに対してもすばやく反応できる力をつけることが目的ですので、レシーブを高く上げなくても大丈夫です。

 

 ~レベルの調節方法~

レベルアップ:ボールを投げる動作から打つ動作に変えてみてください。ボールが速くなることで、壁に跳ね返ったときの勢いもアップし、さらにすばやい反応が求められます。

レベルダウン:レシーブから始めるのが難しい場合は、レシーブをキャッチに変えてみてください。跳ね返って落ちてくるボールに対する反応力を高めるには、ボールキャッチから慣れていくという方法もあります。

 

 

バレーボールでは、予測しないところからボールがくるという場面も想定しておかなければなりません。

この練習をおこなうことで、反射神経を鍛えることができ、あらゆるボールに対してすばやく対応できる力を身に付けられます。

レシーブは、どのポジションの選手も必須のテクニックです。日々の練習に取り入れ、チーム全体で取り組んでいきたいメニューです。

 

関連記事

  1. これがレセプションのコツ!~アンダーハンド編~

  2. 守備の要!押さえておくべきリベロのポイント

  3. アンダーハンドパスでありがちな指導法

  4. 白熱、プレミアリーグ2!

  5. 女子ワールドカップに見る!ペルー戦の独り言

  6. サーブレシーブの練習

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. あなたは、バレーボール用語の「パンケーキ」をご存知ですか?バレーボールで…
  2. こんばんは。メルバレの(加藤)です。如何お過ごしでしょうか?…
  3. こんばんは。メルバレの(加藤)です。如何お過ごしでしょうか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  2. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  3. 【バレー】世界の動きも学ぶ2

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る