menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
  4. 季節はずれですが、この夏合宿の最終章です!
  5. 全日本シーズンの終盤にあたり
  6. 激闘アジア大会を振り返る
  7. 緊急報告 激闘第17回アジア大会
  8. バレーボールの夏から秋を巡って
  9. バレーボールの夏を追って 6
  10. バレーボールの夏を振り返って
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

チャレンジリーグも燃えている、単なる2部じゃないぞ!

いよいよ大詰めVプレミアリーグ。
セミファイナルに進める4強をめぐって熱い戦いを
繰り広げていますよ!

今週もよろしくお付き合い下さい。

◎Vプレミアリーグの話題

女子状況:
久光製薬スプリングスが中盤より連勝を続けてトップを
切って4強入り。また東レアローズもそれに続きました。
2強時代の様相を呈して来ましたね。また次点は、
岡山シーガルズ、トヨタ車体、JTが続いています。

上位からの勝ち星は20、15、12勝ということになって
いますので、後半のブレークによっては順位が
入れ替わる可能性がありますね。

ここでは、ライバルチームに勝つことと同様に
格下チームに取りこぼしをしないことが大切になります。

男子状況:
女子より混戦模様の男子は、4強入りは激しいですね。
パナソニックパンサーズ16

勝、JT15勝、堺ブレーザーズ14勝、豊田合成13勝、
東レ・サントリー11勝ですから、まだまだ予断を許さない
面白さがあります。パナソニックが先に4強入りすること
確実の様でしたが、豊田合成に先週ストレート負け、また
5連勝のサントリーの猛追もあり、非常に緊迫した面白い
ゲームになると思います。

是非応援して下さいね!

・VプレミアリーグHP
http://www.vleague.or.jp/

◎キラっ、なるほど!情報6
男子のジャンピングサーブどれくらいの
スピードがあるかご存知でしょうか?

先週Vチャレンジリーグ男子の試合を観戦に行って、
トップを走る大分三好ヴァイセアドラーのサーブを
測定してみました。

その大分三好のチームの一番のサーバー、エジプト
からの助っ人、モハメド・かタブ選手(身長202?)の
測定値はなんと約0.7秒(サーブを打った瞬間から、
相手がレセプションするまでの間)。

あっという間に手元に届いている感じです。
これは上のリーグでも通用する数字。

たまに0.7秒を切ることがありましたので、
その潜在力にはびっくりしました。
(もちろんモハメド選手はフォワードでも大活躍、
とくにライトからの攻撃は大変決定率が高かったです。)

人間が、目視で情報を得て、脳から信号を各組織、
筋肉に伝達するまでが、0.4秒かかるといいます。
後のサーブが到達するまでの0.3秒で体勢を整えて、
レセプション(サーブレシーブ)するのは非常に困難
なことと言えます。そこには、読みとか洞察力や脳、
神経と筋肉の調整力が高度に必要になって来るのです。

さて、この大分三好はこのモハメド選手のサーブで
前半リードを奪い、逃げ切るのが得意な形で、先週の
2試合は2戦2勝でした。おめでとうございます!

チームとしてもとても一生懸命にプレーする選手が多く
好感が持てました。是非上のプレミアリーグに
上がって欲しいチームです。

○チャレンジリーグはプレミアリーグにない良さも

1.小さな体育館でプレイする選手との距離が近く
臨場感、迫力が直に伝わる。

2.応援がユニーク。
大分の応援団、どこかの大学のグリークラブのOBだそうですが、
歌の斉唱で選手を激励(タイムアウトやセットの間)これは、
会場や選手から拍手喝采を浴びるほど大うけでした。
素晴らしい!

3.小さな大エースがいた、ビッグジャンパー!
多分180cmに満たない選手ですが、(登録は181cm?!)
多分、目測ですが、1m以上跳んでいました。

居並ぶ相手の高いブロックの上から、それもフルセットの
5セット目にジャンプし続けた、牛若丸のような選手。
大型化が常識になっているバレー界で、異質の存在だと
思いました。

その選手は、つくばユナイテッドの瀧澤選手。
No6。とにかくすごい、バックに下がってもサーブレシーブ
せずにバックアタックをバンバン。後日調べたところ、243cmの
高さに到達することがわかりました、まさに超人、鳥人です。
(ちなみに全日本の越川選手は最高到達点が340cm。
そのジャンプのすごさがわかると思います。)

ですから、数々の発見があったチャレンジリーグ男子、
こちらも注目して下さいね。

◎ビーチバレーボールってご存知ですか?
-スタイルの違うバレーボールの話-

ルール的にもインドアバレーボールとは違うものがあると
先週お話ししました。

例えば、インドア6人制のバレーボールにあってビーチにないもの、
「ブロックのワンタッチは1回の接触にカウントされる」でした。
では、ビーチバレーボールの方に多くあって、通常インドア6人制の
バレーボールに少ないものはなんでしょう。

答え:コートチェンジの回数です。

ルールではコートスイッチといい、
「チームは得点合計が7点(第1、第2セット)および5点
(第3セット)の倍数になるたびにコートスイッチをする」。
(公益財団法人 日本バレーボール協会 2014年版
ビーチバレーボール競技規則 より抜粋)

となっています。
ですから、通常21点先取(1,2セット目)ですから、
最低2回は「コートスイッチ」をすることになります。
(3セット目も最低2回ですね!)

これは屋外、アウトコート故の、自然環境(例えば太陽(光)
や風など)による影響をなるべくプレイする両チームに
公平にするために設けられたものと言えます。
さすがによく考えられていますね。

来週もこのようなビーチとインドアバレーボールの違い
などについてお話します。

【編集後記】

あの3・11から3年が経ちました。
私なりに被災地でバレーボールで何かできるかと講習会という
形でご当地の方々と交流して来ました。しかし、復興の現実を
見るたびにまだまだという気持ちが湧き上がって来ます。

幸いにも、バレーボールを通してお知り合いになれた被災地の
方々からの声をこれからも聞き留め、自分にできることを
し続けたいと思っております。

関連記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ

  2. サーブにおけるボール回転

  3. やりました全日本男子、南部ジャパン!

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. さあいよいよVプレミアリーグ2014-2015が始まりました。◎Vプレミア速報初日男…
  2. ◎いよいよVプレミアリーグ開幕!先週まで今年の私の思い出=夏合宿の話題でしたが、今週から一気…
  3. いやーすごく寒くなって来ました。北海道では雪が降ったとか?あなた様のお住まいのところではいか…

おすすめ記事

  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
ページ上部へ戻る