menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう

 

今回は、ある程度サーブ技術が身に付いてきたときにチャレンジしたいジャンプサーブの方法をご紹介したいと思います。

一般的に難易度が高いとされており、むずかしいからまだウチの選手に教えるには…などと思われがちなジャンプサーブですが、しっかりポイントを押さえておけば習得することができます。

ジャンプサーブの方法と併せてポイントもお伝えしていきますので、ぜひ押さえておいてください!

 

■ ジャンプサーブの方法

助走距離を十分にとった状態で構えたら、手首のスナップを使って前の方へトスを上げます。

トスを上げたらボールが落下するタイミングに合わせて助走に入り、両腕を後ろに思い切り振り上げながら勢いよく踏み切ってジャンプします。

そして、空中で体を「く」の字の逆の形をイメージして反らせながら、ひじを高い位置に保ったまま高い打点でボールを捉えます。

最後まで腕を振り抜くようにしてボールを打ち切りましょう。

以上が、ジャンプサーブの方法です。

文字だけで分かりにくくて申し訳ないのですが、頭の中で一度イメージしてみてください。

 

気をつけよう!
 
 ・トス後は、ボールから目を離さないようにする
 ・踏み切ってジャンプする際は、エンドラインを踏み越えないようにする
 ・ボールを捉える位置は、肩よりも少し前が目安

 

■ ジャンプサーブのポイント

①トスを安定させる

ジャンプサーブに限らず、サーブ全般において最も重要なことが「トスを安定させること」です。

サーブの良し悪しを決めるのはトスだと言っても過言ではありません。

まずは、ジャンプサーブのトスを自分の打ちやすい位置・高さに安定して上げる練習を繰り返しおこないましょう。

いきなり高いトスではじめるのは少し難易度が高いので、低いトスから慣れていくことをオススメします。

 

②ドライブ回転をかける

ジャンプサーブは、体全身の力を使って打ち込む強力なサーブです。

パワーだけに意識がいってしまうと、エンドラインを越えてアウトになる確率が高くなってしまいます。

ですので、ドライブ回転をしっかりとかけるようにしましょう。

ドライブ回転をかけるには、ボールの奥側を巻き込むイメージでミートするとよいですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ハードルが高いように感じてしまうジャンプサーブですが、サービスエースが狙えたり、相手の体制を大きく崩すこともできるので、身に付けておきたいサーブ技術です。

 

関連記事

  1. 力強いサーブを打つためのコツ

  2. スモールバレーボールに光を当ててみる!

  3. 押さえておきたいフローターサーブのコツ

  4. チャレンジリーグも燃えている、単なる2部じゃないぞ!

  5. スイングフォームはボール投げでつくる【初心者向け】

  6. ごめんなさい! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)閉幕

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る