menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

スパイクのテイクオフからサスペンションについて

こんにちは!

今回は、スパイクの3.テイクオフからサスペンション:
スパイクのスイングについてお話します。

スパイクの一連の動作(復唱を兼ねて):
1.助走

2.踏み込み
(助走を止めて、ジャンプするまで)

3.テイクオフ
(跳び上がって、4.に行くまでの過程)

4.サスペンション
(跳び上がってから、身体が下降に転じる点、
空中に吊下がって、ボールを打つ直前)

5.ボールコンタクト
(ボールを打つ動き)

6.フォロースルー
(5、以後の空中動作)

7.着地:ランディング
(一連の動作の完了)

スパイクのスイングの一連の流れ(復唱を兼ねて):
A.テイクバック

B.シフト

C.スイング
(フォワード)

D.ヒット
(ボールコンタクト、打つ)

E.フォロースルー

の「A.テイクバック(腕を身体後方に持って行く)」
を伴って、5.ボールコンタクト準備をするところまでが、
テイクバックの動作となります。

テイクバックとは、ボールをヒット(打つ)ために身体の後方
:コートのフロアに対して水平面では、肩の線より後方に、
垂直面には、耳の高さ、もしくはそれより上方に、
(利き)「腕」(そこでのキーパーツは「肘」の状態です。)
の位置を持って行く動作です。

そして、そのテイクバックをして腕、肘を前方から、後方に
持って行くプロセス(方法・手順)によって、原則的に、
・ストレートアーム:腕を真っすぐにして上方から後方に持って行く
(初心者に多いとされる。全日本女子の江畑選手がこの形の熟達した典型例)

・ボーアンドアロー:弓矢を引くように肩の線に水平に腕を後方に持って行く
(身体の後ろの筋肉、広背筋等が強い男子がよく用いる)

・サーキュラー(サイドアップside-up、フロントバックfront-back)
水車のように腕を振り回して後方に持って行く。横から持って行く
(サイドアップ)前から後ろに振り上げる(フロントアップ)

という種別(これはスイングの区別としても使われています。)
私はここに独断と偏見で、
・サルート(敬礼式):肘だけを耳・肩の少し後方に持って行く速攻を
打つ場合に用いられる。手は敬礼の時のように頭の前方
(額の上の前髪の部分)に掲げられる。

・キャッチャースタイル:野球のキャッチャーが投げるスタイルで、
サルートよりも腕と共に手・手首も頭の後方に持って行く方法
を加えたいと思います。

これらのテイクバックのバラエティ(多様性)は、プレーヤーの身体の
形態による先天的要素に加え、筋力の発達程度や指導・コーチングによる
影響などの後天的要素で決まって来ると思います。

どの方法でもポジションでの適性を除けば、問題ないと思いますが、

・テイクバック後のシフトの状態(腕を後方に引いて、前方に持って行く
(スイングにて)その中間の動作、瞬間)が、肘が耳の位置より高く、
肩のラインより後方に位置することが大切です。

※ここで肘が耳の高さより下がっているプレーヤーのことを
「肘が下がる」と表現します。

その動きをサポートするのが、肩甲骨の動き(要は広背筋、僧帽筋、
肩甲骨周辺の筋肉、ローテーターカフ:内転筋)の働き)です。

特にゴールデンエイジと言われる年代(9才~12才頃)の
脳―神経回路に発達が見られる段階での動作習得が後々のプレイに
影響を及ぼすので、理想的、合理的で身体に無理の無いフォームを
身に付けられるような指導・コーチング(サンプル・模範、
イメージの例示)が必要です。

また、戦術戦法:ポジション別での応用・適用も考えられますから、
適時の指導・コーチングが必要です。例えば、力強いパワフルな打球を
必要とするアタッカーは、ボーアンドアローやサーキュラー、パワー
よりも速さを重視するセンターならば、サルートとかキャッチャースタイル
など、使い分けが出来ると攻撃の技術の幅が広がると思います。

くれぐれもフォームの修正:テイクバックの種類の変更、を実施する時には、
身体的に負荷がかからないよう、障害が起こらないようにじっくりと
行って下さい。

動画解説はコチラ
http://rs39.net/c/v/cvmn_1/bl/

次回はスパイクスイングの次の段階(シフトーヒット)についてお話します。

関連記事

  1. 家でやってみよう!スパイクが上手くなる練習

  2. アタック・スパイク・攻撃

  3. 相手を翻弄する!ブロード攻撃

  4. -グランドチャンピオンズカップ2013開幕近し-

  5. 初心者のスパイク基礎練習法はコレ!

  6. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る