menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

スパイク助走の基礎

アタック・スパイク・攻撃

 

 

どの講習会でも、指導者・コーチの方々からの質問が

多い攻撃:アタック(もしくは、スパイク)について、

少し時間をかけてお話します。

(戦略項目、心・技・体の技:技術の部分です。)

 

 

さて、スパイクの踏み込みについてなのですが、

一連の動作の分析するところから始めます。

 

 

1.助走

2.踏み込み(助走を止めて、ジャンプするまで)

3.テイクオフ(跳び上がって、4.に行くまでの過程)

4.サスペンション

(跳び上がってから下降に転じる点≒ボールを打つポイント)

5.ボールコンタクト(ボールを打つ瞬間)

6.フォロースルー(5、の以後の空中動作)

7.着地:ランディング(一連の動作の完了)

 

 

おおむねこのような動作に分解・分類されると考えます。

(ちなみに、5.についてはまだ詳細に分解する

考え方があります。)

 

 

この一つ一つが連動して、合理的なフォームを形成し、

最終的にスパイク全体の動作となっています。

 

 

まずは、1.助走、について概要

:指導/実践のチェックポイントを下に示します。

 

 

1.       助走について

 

(1)    下半身

1.腰、股関節、膝、足首の関節の角度、足の裏の接地、

つま先の向き。

 

2.ステップ(足の動き)

 

 

A.歩数によって分類(どれを採用するのか)

3歩、2歩、1歩、スタンディング

 

B.最終ステップによって分類(どれを採用するのか)

2ステップ(右・左、左・右)、1ステップ(両足)

(どれを採用するのか)

 

 

(2)上半身

1.目線、頭の動き

 

2.スイング(腕の動き)

 

両手・片手によって分類(どれを採用するのか)

 

 

両手スイング、交互スイング

これらの項目について、指導・コーチングの場面、

プレイヤーであれば自分のフォーム確認において

チェックが必要になると考えます。

 

※助走は、下半身について(その指導法含む)

よく語られますが、1.(2)の上半身の動きに

ついては、説明が薄いのが現状と思います。

 

 

次回は1.助走の要点を、上の分類項目を使って

お話したいと思います。

 

 

 

【指導・コーチング「五輪の書」】

 

今回は、

1.「戦略」

(心・技・体+戦術・ヒューマンスキル)⊂

(スケジュール・チームメンバー)=戦略

=競争に勝つため、もしくは、目標に到達

するための作戦・計画  のまとめです。

 

 

戦略は一枚の紙にまとめよう。

 

 

これら戦略の要素が確定したら、一目でわかる表に

まとめます。お薦めは、A3の紙を使って、縦列

(軸)に各項目、横列(軸)に時間(1年計画なら

12カ月、3年ならば36カ月もしくは3カ月毎に

プロットして、

 

この時期にこの項目は何をやるべきか

を明確にします。

 

 

そうすることにより、戦略のブレを起こさないようにします。

(もしくはブレ幅を最小に食い止められます。)もちろん、

机上の論理(計画)のように事は上手く運びません。

(絶対と言っていいほど)しかし、

 

 

幹の部分での大きなブレを避けることができます。

 

 

具体的に言いますと、練習試合:実践練習を重ねているうちに、

「あれも、これも」やらなくてはいけないと思ってしまい、

今のチーム課題/個人の課題:やるべきこと、が見えなく

なってしまうことを防ぎます。練習試合はあくまでも、

今までの練習の成果を評価する場所であり、総合的な

判断を常に下すものではありません。

 

 

そして、戦略図(1枚のまとめ)を眺め、

事前に計画内においての想定内のリスク(計画を実行する

うえでの課題・問題)を読むことができます。それが実際に

起こった場合には、スムーズに対処できるようになります。

 

 

戦略/計画想定外の課題・問題に遭遇した場合は、見直し・

練り直しをします。その際に、どこの項目を修正すべきかが、

その戦略図から特定しやすくなります。

 

 

見直しをしないためにも、前提条件の洗い出しをしっかりする

必要があります。その為には、自分:自チームだけではなく、

周りの状況(社会環境など)も考慮することです。

 

 

それから、各項目について定期的にその計画が上手く

実行されているか、成果を上げているかのチェックを

する必要があります。その際には、なるべく定量的な

モノサシ(数字で測ることができる度量衡など)で

行うべきです。

 

 

(例えば体:体力であるならば、ウエイトトレーニングの

ように何枚持ち上げられたとか、技:技術であれば、

サーブ10本で何本成功本数・率のテストをするとかです。

 

 

項目によっては測定が難しいものもあります。

例えば心:メンタル面ですが、そういった場合は、プレイヤー

へのアンケートなど行って、その変化を見るのも一つの手と

思います。

 

 

まずは、簡単なもので良いので、自分がどういう方法でゴール

(目標)に向うかの(戦略図)を描いてみて下さい。

 

 

ブログの感想について皆様からの声を

お待ちしております。

 

 

関連記事

  1. スパイク 助走

    スパイクの助走で意識するポイント

  2. スパイクで得点を取るための考え方

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る