menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
  4. 季節はずれですが、この夏合宿の最終章です!
  5. 全日本シーズンの終盤にあたり
  6. 激闘アジア大会を振り返る
  7. 緊急報告 激闘第17回アジア大会
  8. バレーボールの夏から秋を巡って
  9. バレーボールの夏を追って 6
  10. バレーボールの夏を振り返って
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

バレーボールQ&A-皆さまのお悩みにお答えします

 

今週から、表題のように「皆さまのお悩み」にお答えする
ことを中心とした形も採用したいと思います。指導・
コーチングの現場で少しでもお役に立てればとの
思いです。よくよく内容を吟味をしてもらい、
実践されることをお願いします。

それでは今週もよろしくお付き合い下さい。

――――――――――――――――――――――――――――

◎「スパイクのパワーをつける」について

以前よりご質問がありましたこのテーマにつきまして、
「抽象概念:大きな考え方」と「具体的な方法」の
中間に位置するいわば「具体的な練習方法への発想の素」
になるようなお話を進めます。

特に練習内容を計画、企画されている方々;指導者・
コーチの皆様にとって、練習を組み立てる着想の
手助けになれば幸いです。

(これらは、私の長いバレー指導・コーチングの中で、
諸先輩が考え実践されていたもの、そして、それに
私のオリジナルを加えたものなどとご推察下さい。
また、ランダムに並べますのでご容赦下さい。)

【キーフレーズ】

1、スパイクの威力は、ボールを打った時の初速が速いこと。

2、アメリカでは、肩が強いと言わず、腕っ節(うでっぷし)
が強いと言う。

3、踏み切りのリズムとスイングの速さは比例する。

1、の項目について。
これは、昨年の公認スポーツ指導者講習会で、講習された
研究内容で明らかにされたものです。その時の中心の話題が、
「決まるスパイクとは」「スパイクが重いとは」ということでした。
(以前にもご紹介した通りです。)

今回のテーマである「パワー」と「速さ」=スピードの相関関係は
どうか、少し疑問を持たれている方もいらっしゃいますね。これを
クリアにする、あるTVの報道番組がありました。
(最近、大きな災害を出した台風26号による伊豆大島の地滑りの
メカニズムの話の中にありました。)

速度の2乗=破壊力(パワー)

当地の火山灰層が雨によって滑りやすくなり、
それも通常の土壌よりも滑りやすいことで、
あれだけの被害が出たそうなのです。

そしてその地滑りの速度が速かったために、
被害が増したとも言っていました。
(今回の台風で被害に遭われた方々に
哀悼の意を深く表します。)

さて、この物理論理:速度の2乗=破壊力(パワー)は、
スパイクのパワーの話に通じます。

スパイクのパワーを上げるには、スパイクのボールの
スピードを上げること。そして、そこでポイント
になるのが、1、で紹介した「初速を上げる」
こととなる訳です。

では具体的にはどうすればいいのでしょうか。
ボールはそのものに力;パワーを持っているわけでは
ないので、そのボールに力を伝える動作が必要になります。
それは、

スパイクスイングを速くすることです。

では、スパイクスイングのどこをスピードアップすれば
いいのでしょうか?

以前にご紹介した、次の説明を思い出して下さい。

スパイクのスイングの一連の流れ:
A.テイクバック
B.シフト
C.スイング(フォワード)
D.ヒット(ボールコンタクト、打つ)
E.フォロースルー

そうです、ボールを打つ直前のC.のスイング(フォワード)
の動作が速いことが解となります。

ですから、練習ではスイング(フォワード;前に向うスイング)
を早くするようにします。

その考え方ですが、ウエイトトレーニング(レジスタンス:
重さの負荷を筋肉にあたえるトレーニング)では、

1.重いものを持つ(負荷を大きくかける)と
動きは遅くなります。

2.また、軽すぎるものを持っても(負荷が小さい)
力が空回りして速くは動かせません。

3.重くもなく軽すぎることがない重さ(適度な負荷)が
「速さ」を産むことがわかります。

一度皆さん実践してみて下さい。
またこれを、筋肉レベルでこれを言うと
1.の時は非常に筋肉が硬直しています。

2.の時は逆に緩みが大きいでしょう。

3.は、筋肉の収縮がバランスよく、いわゆる
「弾力性のある」状態になっています。

この観点から、筋力トレーニングもしくは
技術トレーニングを組み立てていく必要があります。
要は、選手の皆さんに「筋肉の硬直を与える負荷を
かけすぎない」ことが、練習の組み立てのポイントに
なるのです。

来週もこの話題を続けます。

◎全日本男子への応援歌No5

全日本男子は、9/28(土)~10/6(日)第17回アジア
男子選手権大会 (ドバイ、アラブ首長国連邦[UAE])
にて4位という成績を収めました。これは決して
満足のいくものではないはずです。優勝したイラン
とは準決勝で3-0の完敗だったようです。
(スコア上の推察です。)

先の世界選手権予選で本戦への切符を取れず、
今回の結果と合わせて、「大丈夫か」との声も
相当あるでしょう。

しかしながら、私はこの戦績を糧に次のステップに
上がるこのチームの可能性を見たいと思っています。
何度も申しあげますが、チーム作りは一長一短には
進みません。史上初の外国人監督、スタッフで
臨むのですから、そのコンセプト(考え方)
浸透にも時間がかかります。

今が我慢のしどころ、ここでその路線を変更して
しまったら今まで積み上げてきたものが水泡に
帰することになりかねません。

来月開催されるワールドチャンピオンズカップ
(大陸王者決定戦)で、地元開催国で参加する
全日本男子には、今まで積み上げたものプレーを
一つ一つ見せて欲しいものです。例えそこで結果が
出ずとも、一瞬一瞬のプレーに光るものであること、
ファンの期待を寄せるものであって欲しいと思います。

「Play hard, Play smart」

そうです、このモットーを忘れないように!
それ行け!ゲーリー全日本。

――――――――――――――――――――――――――――

【編集後記】

筋肉の硬さが動きのスピードを出す、の話について、
こんなこともありますよね。

叱られている時は気持ちが縮こまる、顔がこわばる、
身がすくみます。これは筋肉が硬直している証拠。
それでは逆に褒められたで気持ちがすっきりしている
ところはどうでしょう。

鼻歌が思わず出たり、軽口(ジョークなど)も飛び出し
ますよね?それは頭が働き、口の筋肉が上手く動いている
状態ですね。こんな気持ちの変化に応じて筋肉の状態も
変わることになります。

サッカー女子なでしこジャパンの佐々木監督は選手が
一番緊張する場面でジョークをいって笑わせていました。
皆さんはこの事実をどう思われますか。
「筋肉の硬直を与える負荷を、精神的にも、かけすぎない」
が大切かも。

関連記事

  1. アタック・スパイク・攻撃

  2. -グランドチャンピオンズカップ2013開幕近し-

  3. -グランドチャンピオンズカップ2013開幕!-

  4. スパイクの「シフト-ヒット」について

  5. スパイク 助走

    スパイクの助走で意識するポイント

  6. スパイク動作のテイクオフについて

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. さあいよいよVプレミアリーグ2014-2015が始まりました。◎Vプレミア速報初日男…
  2. ◎いよいよVプレミアリーグ開幕!先週まで今年の私の思い出=夏合宿の話題でしたが、今週から一気…
  3. いやーすごく寒くなって来ました。北海道では雪が降ったとか?あなた様のお住まいのところではいか…

おすすめ記事

  1. 熱戦開始。&閑話休題
  2. さてバレーボール冬の華が、、、
  3. 寒い、こんな時にはホットな話題!今年の夏(合宿)最終回
ページ上部へ戻る