スパイクを力強く打つスイングの秘訣

スパイク

 

スパイク技術はまだまだ…という初心者プレイヤーの方、基本に立ち返りたいという中級・上級プレイヤーの方必見!

スパイクは、レシーブ・トス・パスなどに比べると動きが複雑なプレーです。

そんなスパイク習得のカギは、「助走&ジャンプ」「スイング」というように、動作を2つに分けて考えることです。

それぞれの動作を分けて練習し、それを組み合わせることで習得しやすくなります。

今回は、スイングに焦点を当て、スパイクを力強く打つ秘訣をご紹介したいと思います。

 

■ 身体をひねりを使って打つ

スパイクは、バレーボールにおいて一番の得点源となるプレーと言えます。

強烈なスパイクを打つためには、「身体をひねりを使って打つこと」が大切です。

よくある例として、腕だけでスイングしてしまう人がいます。

それでは体全身の力が使えていないため、ベストなスパイクが打てません。

体全身の力を使うための具体的な方法は、体を後方にしっかりひねること・スイングと同時に大きくひねり戻すこと です。

上体を後方にひねる際のポイントは、親指が下になるよう手のひらを外側に向け、腕を引きます。

体幹のひねり戻しを意識することで、強烈なスパイクがフルパワーで打てるようになりますよ。

 

■ インパクトは頭の少し前

自分自身が最も力の入るインパクトの位置(打点)は、ご存知でしょうか?

スパイクを打つためのベストなインパクトの位置は、「頭の少し前」です。

一番高いところでインパクトすることが大切ですが、頭の真上でとらえてはいけません。

なぜなら、頭の真上というのは力を入れづらいポイントだからです。

具体的に頭の少し前というのは、自分から見える位置と覚えておきましょう。

 

★ 最も力の入るポイントを見つける方法 ★
二人一組になり、腕を上に伸ばした状態で手と手を合わせて押し合う
お互い押し負けない位置がインパクトの位置!

 

いかがでしたでしょうか。

スパイクは、押さえるべきポイントがたくさんあります。その分、情報もたくさん溢れています。

今回ご紹介した内容は、王道のテクニックと言っても過言ではありませんので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

今はまだ自粛ムードが続いていますが、思い切り活動できるようになる日がくることを信じ、今自分に出来ることを精一杯取り組みましょう!

私も、少しでもみなさんのお力になれるよう情報を発信していきたいと思います 🙂

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!