Aクイックする際のコツと3つのポイントを解説

スパイク トス 戦術 林 みろ吉


「Aクイックができるようになりたい!」
「試合中、どのような効果があるのか…」
「Aクイックが上達するコツを教えて欲しい!」

Aクイックはセンターから攻める方法で、通常のスパイクよりもスピードが速い攻撃です。

主にセンターの選手が中心になり、他の選手とコンビネーション攻撃をすることもあります。

Aクイックは、通常の攻撃とはスパイクするタイミングが異なります。

アタッカーは、Aクイックの助走からスパイクまでの一連の流れを覚え、身につける必要があります。

今回の記事では、Aクイックする際のコツを見ていきましょう。

また、3つのポイントについて、項目に分けて解説します。

この記事を読み終わった人はAクリックのコツを知り、早く技術を身につけられるでしょう。

Aクイックする際のコツは?

Aクイックする際のコツは、「踏み切る位置を覚える」「助走距離を把握する」「セッターのトスに合わせる」の3つです。

アタッカーは、Aクイックを実践する前に覚えておくことをおすすめします。

ポイント①踏み切る位置を覚える

1つ目のポイントは踏み切る位置を覚えることです。

なぜなら、毎回踏み切る位置が異なっていると安定したスパイクができません。

また、セッターもトスする位置が定まらず、タイミングが合わせにくくなります。

例えば、アタッカーがネットに近い場所で踏み切った場合、トスを上げにくくなります。

さらに、ボールがネットに近いと攻撃を相手のブロッカーに止められる可能性が高くなるでしょう。

アタッカーは踏み切る位置を覚え、セッターがトスを上げやすいようにしましょう。

ポイント②助走距離を把握する

2つ目のポイントは助走距離を把握することです。

アタッカーは適切な助走を行うことで、スムーズな流れでスパイクができます。

例えば、助走が合っていない場合、スパイク体勢が乱れてしまいます。

また、力が上手く伝わらず、威力のある攻撃ができません。

アタッカーは適切な助走距離を把握し、スムーズな攻撃を行いましょう。

ポイント③セッターのトスに合わせる

3つ目のポイントはセッターのトスに合わせることです。

なぜなら、セッターが各選手のスパイクしやすい位置にトスをあげてくれるからです。

例えば、踏み切るタイミングが早い選手の場合、他の選手よりもトスのスピードを速くします。

また、踏み切る位置がネットより離れている選手には合わせたトスを上げます。

セッターは、各選手の癖に合わせてトスの高さやタイミングを変えています。

アタッカーはセッターを信頼し、思い切った攻撃を行いましょう。

Aクイックが効果のある場面

Aクイックはオープンスパイクより速い攻撃が行えるため、相手の意表を突くことができます。

相手は予想外の攻撃に対応できず、ボールをコートに落とすリスクが高くなります。

例えば、レフト側の攻撃に集中している場合、セッターからAクイックで攻めると相手ブロッカーの対応が遅くなるでしょう。

また、相手チームの守備が乱れるきっかけになり、攻めやすくなります。

Aクイックは相手の意表を突ける攻撃のため、大事な場面で使いましょう。

アタッカーは事前にセッターと打ち合わせを行い、オリジナルのサインを作っておくと良いです。

オリジナルのサインは、相手チームに気付かれないように心掛けてください。

アタッカーはセッターと連携を取りながら、信頼関係を築きましょう。

プレーに問題点があった場合は話し合いを重ねながら、解決に導きましょう。

練習でコツを掴むことが大事

アタッカーは、日頃の練習からAクイックのコツを掴むようにしましょう。

3つのポイントは、練習で掴んでいく方法が習得への近道になります。

練習中、プレーごとに動きや位置を確認しながらオリジナルのコツを見つけ出しましょう。

さらに、セッターとトスのタイミングを合わすことも重要です。

何度も練習を行い、双方が納得する位置やタイミングを探してください。