menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

瞬発力が上がる!プライオメトリクストレーニング

 

突然ですが、プライオメトリクストレーニングをご存知ですか?

プライオメトリクストレーニングとは、簡単にご説明すると「瞬発力を高めるトレーニング」です。

バレーボールは、ジャンプ・スパイク・ブロックなど瞬発力が欠かせないスポーツ。

つまり、バレーボールにおいてプライオメトリクストレーニングは重要度がとても高いので、日々の練習に取り入れるようにしましょう。

今回は、瞬発力の向上に加えて、下半身の筋肉を全体的に鍛えることができるオススメのプライオメトリクストレーニングをご紹介したいと思います。

 

■ シザースジャンプ

ジャンプ動作とランジを組み合わせたトレーニングです。

体ひとつで取り組むことができる道具不要のトレーニングなので、手軽さもオススメできるポイントですよ。

 

 ~トレーニング方法~
 
  1.立った状態から片足を一歩前に大きく出す
 
  2.太ももが地面と平行になる位置まで膝をしっかり曲げる(ランジの動作)
 
  3.その状態から高くジャンプして足を前後入れ替え、同様に2の動作をおこなう
 
  4.テンポよく2と3の動作を繰り返す
 
 
 ~ワンポイントアドバイス~
 
  2のときは両手を地面につき、3のときは両手を頭の上でタッチするようにしましょう。
 
  こうすることで、高くジャンプすること・深く膝を曲げることを意識することができます。

 

■ ボックスジャンプ

その名のとおり、台(ボックス)へジャンプして飛び乗るトレーニングです。

このトレーニングでは、飛び乗れる丈夫な台を用意しましょう。はじめて取り組む場合は、膝くらいの高さをオススメします。

慣れてくるにつれて、高さを上げて強度を調節してみてください。

 ~トレーニング方法~
 
  1.台の前に立ち、腕を後ろに大きく振り上げたら膝を曲げて台へ飛び乗るようにジャンプする
 
  2.台に飛び乗ったら、片足からゆっくり降りて元の状態に戻る
 
  3.テンポよく1と2の動作を繰り返す
 
 
 ~ワンポイントアドバイス~
 
  ジャンプ時と着地時には、膝をしっかり曲げるようにしましょう。
 
  実際にバレーボールでジャンプする場面をイメージすることが大切です。

 

 

冒頭でもお伝えしましたが、プライオメトリクストレーニングは瞬発力を高められるトレーニングです。

今回ご紹介した2種類のトレーニングは、瞬発力の向上に加えて、下半身を全体的に鍛えることができますので、継続して取り組んでいただくことによって普段のプレーに安定感が生まれること間違いなしです。

バレーボールには欠かせないトレーニングとなりますので、ぜひトライしてみてください!

 

関連記事

  1. バレーボール選手は、○○を鍛えろ!【自宅で出来る筋トレメニュー】…

  2. ジャンプ力がアップするトレーニング2選

  3. あえて、大喝!リオ五輪、全日本女子の第一戦

  4. バレーボールに欠かせない腹筋を鍛えよう!

  5. 明けましておめでとうございます。謹賀新年 A happy Vol…

  6. 総括: 2015年男女ワールドカップ

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る