menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

バレーボールに欠かせない腹筋を鍛えよう!

 

今回は、腹筋を鍛える筋力トレーニングをご紹介したいと思います。

体幹でもある腹筋を鍛えておくことで、体の軸がしっかりして、バランス力が身に付きます。

さらに、スパイクを打つ際には、空中で上半身を後ろに引いて戻すときの力でボールを強く打ち込んでいきますが、この引き戻す力のところで腹筋は必要になります。

つまり、バレーボールにおいては欠かせない筋肉なのです!

今回ご紹介するのは、「ボール床タッチ」「クランチ」の2つの筋力トレーニングです。

 

■ ボール床タッチ

その名のとおり、ボールを床にタッチしながら腹筋を鍛えていくトレーニングです。

ボールを使っておこなうのがポイントで、筋トレ!という感じが強くないので筋トレが苦手な人でも楽しく取り組んでいただけますよ。

 

 ~トレーニング方法~

 1.三角座りの状態から、少し足を浮かせておしりでバランスをとり、ボールを持つ

 2.ボールを体の左右に交互につく

 3.これを繰り返しおこなう(20回×3セットからはじめてみましょう!)

 

 ※1 脚が揺れてしまったり膝が離れたりしないように、脚全体を固定するイメージでおこないましょう。

 ※2 腹筋に意識をもっていき、腹筋の力でボールを動かしていきましょう。

 

■ クランチ

体を起こす動作で腹筋だけをピンポイントに鍛えていくトレーニングです。

上体起こしほど体を起こす必要はなく、肩甲骨を浮かせるだけの動作なのですが、これが意外ときついんです。

 

 ~トレーニング方法~

 1.仰向けの状態から、膝を90度に曲げ、膝からつま先にかけてを床と平行になるようにスタンバイする

 2.手は耳の後ろか胸の前に置き、背中を丸めるイメージで肩甲骨が床から離れるところまで上体を起こす

 3.ゆっくりと上体を下ろす

 4.これを繰り返しおこなう(10回×3セットからはじめてみましょう!)

 

 ※1 上体を起こす際は、自分のお腹に目線を向けるようにしましょう。背中を丸めるイメージがつかみやすくなります。

 ※2 「1・2・3」と心の中でカウントし、上体を起こすときも下ろすときもとゆっくりのペースでおこないましょう。(ゆっくりやると、10回でもとってもハード!)

 

 

いかがでしたでしょうか。

腹筋だけを鍛えすぎると、前後(腹筋・背筋)のバランスが偏ってしまうので、背筋のトレーニングも取り入れるようにしましょう。

今回ご紹介したトレーニングは、おうちでも手軽に取り組める内容になっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

腹筋を鍛えて、さらにパワーアップしたスパイクを打てるようになりましょう!

 

関連記事

  1. ハプニング続出!?リオ五輪、全日本女子どうする?

  2. 続々々、発想の転換を図ってみよう!

  3. 明けましておめでとうございます。謹賀新年 A happy Vol…

  4. バレーボール選手は、○○を鍛えろ!【自宅で出来る筋トレメニュー】…

  5. あえて、大喝!リオ五輪、全日本女子の第一戦

  6. 瞬発力が上がる!プライオメトリクストレーニング

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る