menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

質のよい練習をおこなうための考え方

 

質のよい練習をおこなうために、最も大切なことは何でしょう?

整った練習環境・練習時間の確保など、もちろんこれらの物理的要因は大切な要素なのですが、実はそれ以上にもっと大切なことがあります。

それは、「与えられた状況で全力を出し切ること」です。

そのための指導者の役割は、「与えられた状況で選手たちの全力を引き出すにはどうすればよいか?ということをよく考え、そのために最善を尽くすこと」です。

では、ここからは、指導者の方に知っておいていただきたい練習における大切な考え方についてお話していきたいと思います。

 

■ 与えられた状況でどのように練習するか?

まず、大前提として、練習環境や練習時間が充実しているチームは必ずしも強いとは限りません。

実際に練習環境や練習時間が充実していないチームでも、勝ち進んでいくチームはたくさんありますよね。

ですので、与えられた状況でどのように練習するか?ということが、選手も指導者も考えなければならない大切なポイントになります。

 

~指導者が心掛けるべきこと~

与えられた状況で選手たちの全力を引き出すにはどうすればよいか?ということをよく考え、そのために最善を尽くすこと

具体的には、自分のチームの状況に合った練習の組み立てだと考えます。

例えば、コート1面しか使えないというように、練習環境が整っていない場合。

この場合は、選手全員がまんべんなくボールを触れる機会が増えるような練習メニューを中心に考える。

もう1つ例を上げて、練習時間が比較的少ない時間しか確保できない場合。

この場合は、選手の集中が継続しやすい練習メニューを中心に考える。

 

このように、与えられた状況をしっかりと把握できていれば、どういう形で練習していくかというチームの方針が明確になりやすいです。

ですので、自分のチームにおける物理的課題を見つけ、チームに合った練習をづくりをしていきましょう。

 

さらに、選手たちが練習で「与えられた状況で全力を出し切る」ために、その日の練習目標などを立てることもオススメですよ。

毎回の練習で目標を持って臨むことで、達成しようと集中力がグッと高まります。

 

今回の内容は、指導者だけでなく選手も理解しておく必要があります。

なぜなら、質のよい練習をおこなうためにはとても大切な考え方だからです。

さらに、練習メニューを指導者が決めるのではなく、選手たちで決める場面も出てくることがあるでしょう。

ぜひ、押さえておいてください!

 

関連記事

  1. 指導者のための大切な心得

  2. 信頼される先輩になろう!後輩への接し方

  3. あえて、大喝!リオ五輪、全日本女子の第一戦

  4. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ

  5. 冬の増刊号- 閑話休題2&「冬の講習会―福島白河編-」

  6. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る