menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法
  4. サーブは○○を狙って打て!
  5. ボールを止めるだけじゃない!ブロックの役割
  6. 【指導者必見】試合で悪い流れを断ち切る方法
  7. 基本の次のステップはこれ!サーブ練習2選
  8. ここまでやっておこう!備えのレシーブ練習2選
  9. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ
  10. スパイクはブロックを意識して打て!
閉じる

バレーボール弱者強育塾

クールダウンの重要性とおすすめペアストレッチ

 

練習・試合後のクールダウンは欠かさずおこなっていますか?

ウォーミングアップはしっかりとやっているけれど、クールダウンは簡単に済ませているな・・・という話は、よく耳にすることがあります。

クールダウンは、もちろんウォーミングアップと同じくらい重要ですので、念入りにおこなっていただきたいものです。

そこで今回は、クールダウンの重要性をお伝えし、2人1組でおこなうストレッチメニューもご紹介したいと思います。

 

■ クールダウンの重要性

まず、クールダウンの目的からお話したいと思います。

クールダウンをおこなう目的は、筋肉の緊張をゆるめて疲労を溜めない状態にすることです。

その日の疲労はその日のうちに取り除くというように、使った筋肉をしっかり伸ばしたりほぐしたりしてあげなければなりません。

クールダウンを簡単に済ませてしまっていると、疲労がどんどん蓄積されていってしまうので、筋肉がこわばってしまい怪我をしやすくなったり、十分にパフォーマンスを発揮できないということが起こってしまいます。

言い換えると、クールダウンを丁寧におこなうことで、疲れが溜まりにくくなる・体がスムーズに動かせる などのイイことが起こり、パフォーマンスも向上させることができるでしょう。

そのためにも必ずクールダウンはおこなうようにしてください。

 

■ 2人1組でおこなうペアストレッチ

2人1組でおこなうペアストレッチのメリットは、自分1人の力ではかけきれない圧をかけてしっかり伸ばすことができるところです。

今回は、太もも・おしりなど大きな筋肉がたくさんついている下半身を中心としたおすすめのペアストレッチをご紹介します。

 

太もものペアストレッチ

2人1組になり、Aが座った状態で開脚をする。BはAの後ろに立つ(膝立ちでもOK)。

Aが無理のない範囲で前屈をしたら、BはAの背中をゆっくりと押してあげる。このとき、必ず強度を確認しながら押すこと。

強度の目安は、痛いと気持ちいいの間くらいの感覚のところがベスト!

前屈の次は、左右に体を倒して同様にしっかりと伸ばしていく。前と左右の3方向セットで必ずおこなう。

股関節のペアストレッチ

Aは、足と足の裏をくっつけてその状態で前屈をする。Bは後ろで膝立ちになり、Aの背中に胸を合わせて両手をAの膝に置き、Aと体を密着させた状態で前に倒していく。

先程と同じく、押す側の人は必ずペアの相手に強度を確認しながら押すこと。

 

2人1組でおこなうことにより、自分では伸ばしきれないところまで伸ばすことができますので、しっかりと筋肉をほぐすことができますよ。

クールダウンの重要性を頭に置いておいていただき、ペアストレッチを実践してみてください。

 

関連記事

  1. 続【閑話休題】身近な話題から

  2. そうかぁ!最近の情報から3&「冬の講習会―福島白河編」

  3. 【閑話休題】身近な話題から

  4. 【閑話休題】身近な話題から-2

  5. Vプレミアリーグの序盤のつば競り合いが面白い!東レ女子首位

  6. さてバレーボール冬の華が、、、

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクに焦点を当てて、いろんな種類のスパイクを紹介したいと思います。…
  2. 今回は、ある程度サーブ技術が身に付いてきたときにチャレンジしたいジャンプサーブの…
  3. 走ってもレシーブが追いつきそうにない… そんなときには、思い切り飛び込んでレシー…

おすすめ記事

  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る