たった10秒でパフォーマンスがアップする方法

指導法

 

バレーボールを競技している方は、「どうやったら今よりもっとパフォーマンスがよくなるか?」と、パフォーマンスについて一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

そんな熱心な方のために、今回は、パフォーマンスがアップする方法をご紹介したいと思います。

「たった10秒でこんなにも変わるなんて・・・」という感覚を、あなたにも体感していただきましょう!

 

 目次

 ・リミッター(制限)を外す
 ・前屈で体感してみよう

 

■ リミッター(制限)を外す

たった10秒で自分の中のリミッターを外す(限界を超える)方法をご紹介したいと思います。

まずは、説明よりも先に実際に試していただきましょう。

 

 ~リミッターを外す方法~

 ❶ 足先はまっすぐ正面に向け、足を肩幅くらいに開いて立つ

 ❷ 片手をグーの形から親指と人差し指を伸ばして、そのままその腕を床と平行になるように前に伸ばす

 ❸ ②の状態をキープしたまま、出した腕と反対方向に腕が止まる位置まで体をひねらせる

 ❹ 止まった位置で、指先がどこをさしているかを覚えておく

 ❺ 目を閉じて「自分の体はもっと回る(限界を超える)」と強くイメージしたら、目を開けてもう一度2の動作をおこなう

 ❻ 指先がどこをさしているか、④で覚えておいた位置と比較する

 

いかがでしょうか。指をさした位置は、1回目と比べて可動域が広がってはいませんでしたか?

大きく変わった方も少し変わった方も、リミッターを外すことに成功しているのです。

このように、自分自身で心のバランスを整えることで、リミッターを外す(限界を超える)ことができます。

パフォーマンスアップのためには、この感覚を身に付けておくことが大切です。

 

■ 前屈で体感してみよう

柔軟性が低いと、怪我をしやすくなるだけでなくパフォーマンスアップの妨げになってしまうため、柔軟性を高めることはとても大切です。

実は、筋肉を適切な方法で伸ばすことで、たった10秒でも柔軟性がアップするのです。それを、前屈で体感していただきましょう。

まず、前屈をさらに伸ばすためには、「おしり・もも裏・ふくらはぎ・足裏」の4つの筋肉をほぐすことが重要になります。

その中から1つ、「裏もも」の適切な伸ばし方についてご紹介します。

 

 ~10秒で柔軟性アップ!前屈の方法~

 ❶ 前屈をし、限界の位置を覚えておく

 ❷ イスに浅く座り、かかとを浮かさないように注意して足を肩幅に広げる

 ❸ その状態から、股関節から曲げるイメージで太ももとお腹をくっつける

 ❹ 裏ももを抱きかかえるように、両手をまわして体をロックする

 ❺ 太ももとお腹を離さないように意識し、イスからおしりを上げたら10秒間キープする

 ❻ もう一度前屈して、①で覚えておいた位置と比較する

 

いかがでしょうか。驚くほど伸びた!という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

筋肉を適切な方法で伸ばすことは、パフォーマンスアップにつながると言えます。

 

 

今回は、パフォーマンスがアップする方法をご紹介しました。

心のバランスを整えること・筋肉を適切に動かすことの重要性を感じていただければ幸いです。