自信をつける目標設定の仕方

指導法

今回は、「自信をつける目標設定の仕方」をご紹介します。

いきなりですが!質問です!
あなたは、目標を立てていますか?

例えば、
・全国大会に出場する
・スタメンに入る
・○○チームに勝つ
などなど、バレーボールをしている方は、ほとんどの方が目標を立てているのではないでしょうか?

しかし…
「全然目標が達成できないから諦めよう…」
と自信をなくしてしまうと、その結果、試合に勝つことはむずかしくなります。

そこで今回は、「自信をつける目標設定の仕方」についてご紹介します。

目標を諦めてしまう原因

諦めてしまう原因の多くが、
・技術が足りない
・根性が足りない
・才能がない
など、このように思ってしまうことから諦めてしまいがちです。

ですが、実際はそうではありません。
目標が大きすぎるからなのです。

大きな目標を立てて達成できなかったら、自信がつかないですよね?
それは当たり前なのです。

ますは、小さな目標を立てることが大切です。

小さな目標設定の仕方

小さな目標をたくさん達成するという経験をするようにしましょう。

小さな目標とは、例えば・・・
大きな目標が「全国大会に出場する」だとしたら、「そのために自分に足りていないものに対して重点的に取り組むこと」を小さな目標とします。

ただ、
・サーブを上手くなる
・スパイクを上手くなる
・反応を速くする
これらは、まだ大きい目標です。

ですので、
・10本中5本速いサーブを打つ
・スパイクを10本決める
・○○の場所に5本決める
など、できる限り小さい目標を設定するようにしましょう。

私は、その日の目標を設定してから、練習をするようにしていました。

大きな目標を達成するために、必要なことを考え、その日の練習での目標を設定します。

その日達成できなければ、その時はその経験を踏まえて、次に生かしたらいいのです!

練習の意識が変わる

小さな目標を日々達成することで、大きな目標に近づいていきます。
それは、日々の練習の意識・質が変わるからです。

しかし、小さな目標だけを追い続けてしまうと、たまに疲れてきてしまいます。
そんな時は、大きな目標を思い浮かべてください。

きっと、またやる気が出ると思います。
小さな目標をクリアすることで、自信に繋がり、試合で自信を持てるようになります。

まとめ

今回は、「自信をつける目標設定の仕方」についてご紹介しました。

・毎日小さな目標を設定する
・小さな目標は具体的に決める

現在、大きな目標しか立てていない方は、ぜひ小さな目標を毎日設定してみてください。
この小さな積み重ねが、大きな目標への近道になります。

さらに、試合でも自信を持って試合ができるようになります。