指導者のための大切な心得

指導法

 

今回は、指導者の方へ向けて、「指導者のための大切な心得」というテーマでお話をします。

ここでお話する内容は、以下の2つです。

・選手と同じ目線になる

・愛情をもって接する

 

指導者には、さまざまなタイプが存在します。

とにかく褒めて伸ばそうとするタイプ。

だめなところを見つけてはガミガミお説教するタイプ。

結果ばかりを重視するタイプ。

など… あなたが部活動やスポーツの経験をお持ちであれば、よくご存知だと思います。

実際には、指導者の在り方に正解などはありません。

しかし、いい指導者と言われる人には共通しているポイントがありました。

私個人の経験に基づくお話もありますが、はじめて指導者になる方へ少しでもお力になれば幸いです。

 

心得その1 選手と同じ目線になる

はじめて指導者になる方は、「常に選手と同じ目線でいること」を心がけましょう。

同じ目線になる=同じ気持ちになる とも言い換えられますね。

例えば、選手が苦手を克服できたとき。選手自身にとって、とても嬉しいことです。

そこであなたが「やったなー!」と自分のことのように喜ぶと、選手の嬉しい気持ちはさらに膨らみます。

それだけでなく、あなたに対する信頼はグッと増すことでしょう。

また、この心得を大切にしていると、自然と選手の変化に気づけるようになります。

意識しなくとも選手のことを観察できているということですね。

例えば、悩みごとや体調不良など、気づいたときにはすぐに声をかけてあげましょう。

そんなところまで見てくれているんだ、と選手はあなたに安心感を覚えるようになります。

 

心得その2 愛情をもって接する

言葉、態度、何をとっても大切なのは「愛情をもって接すること」です。

愛情といってもさまざまな形がありますが、選手を信頼することもその1つですね。

例えば、試合の反省会。

あなたが先に、「あの場面ではこうするべきだった」などと言ってしまうと、選手は口をつぐんでしまいます。

選手なりの考えがあったかもしれない、と思い、まずは選手の話をよく聞いてあげましょう。

そして、選手の考えを受け止めて決して否定することなく、あなたの考えを話しあげてください。

そうすることで、選手の信頼度はさらに大きくなります。

あなたから選手を信頼し、愛情をもって接してあげてください。

そうすれば、自然と選手はあなたについていきたいと思い、厚い信頼関係が生まれることでしょう。

 

余談になりますが、私も学生の頃はスポーツに打ち込む日々を過ごしていました。

その中でお会いした顧問の先生・コーチの教えは、今でも私の教訓であり、社会に出ても活かされています。

それほどの影響力を与えられるのが、“指導者” なのです。

ある人の人生において大きな何かを残せるということは、本当に素晴らしいことだと思いませんか?

「バレーボールなんかルールすらまともに知らないのに・・・」

「スポーツなんてやったことないし、自信ないな・・・」

と思う方もいるかもしれませんが、まずは指導者になることにワクワクしてみてください。

必ず手を差し伸べてくれる人がいます。もちろん、私もそのうちの1人ですよ。

 

あなたにしか出せないカラーがきっとあります。素敵な指導者を目指してください。応援しています。