サーブレシーブミスを減らす「2つの指導ポイント」

DVD教材 熊崎 雅文

20対21。

1点を追う試合展開。
相手選手がサーブを打つ。

「この場面は何としても攻撃につなげて同点に追いつきたい…!」

しかし、サーブレシーブミスでの痛い失点…
試合の流れは、完全に相手チームに。

終盤でのミスが響き、そのセットを落としてしまい、結局試合にも負けてしまった。

「あのサーブレシーブミスさえなければ、この試合は勝てたかもしれない…」

あなたも、このように思ったことはありませんか?

 

試合には必ず「流れ」があります。

そして、この「流れ」は・・・
『ミス』によって相手に渡ることがほとんどです。

ですので、普段の練習から、「サーブレシーブミスを減らすための練習をする」ということが大事なわけです。

 

弱者を育て、全国へ導くベテラン指導者である熊崎氏は言います。

「強豪校のような能力の高い選手が揃っていれば話は別ですが、素質に恵まれない選手たちのサーブレシーブを上手くさせるには、2つの指導ポイントを大切にしながら練習を進めていく必要がある」と。

一体、その「2つの指導ポイント」とは何なのか・・・?

 

▼サーブレシーブ「2つの指導ポイント」を動画で解説!