比較映像&胴体の使い方

DVD教材 川端 健太

スパイクの打点を10㎝上げるために

必要な指導は3つ。

 

 

1、打ち方を少しだけ変える

 

2、飛び方を少しだけ変える

 

3、「ある方法」で指高を上げる

 

今回は、

このページをご覧いただいているあなただけに

 

「2、飛び方を少しだけ変える」の中にある、

踏み切るときのポイントをシェアいたします。

 

打点を10㎝上げるための踏み切るときのポイント

 

バレーボールの中高生の練習を見ていると

スパイク練習のときに、よく用いられる指導用語として、

 

「両手を大きく振って飛べ!」

 

「膝を深く曲げて真上に飛べ!」

 

「左肩を下げるな!」

 

「(打つときに)肘を下げるな!」

 

などなど。

 

腕や足に関する指導が多いように感じます。

 

スパイクをより高い打点で打ち、

打つコースを広げ、決定率を上げるためには

体の末端である手足の使い方だけでなく、

 

踏み切るときの「胴体部の使い方」も

大きなポイントのひとつになります。

 

この胴体部の使い方について

教えてもらっている選手はあまり見かけません。

 

成長期における中高生の選手たちは

ワンポイントのアドバイスで飛躍的に打点が上がる選手が

たくさんいます。

 

しかし、そのワンポイントのアドバイスが

スパイクの打点を上げることに適したアドバイスでなければ

飛躍的に打点が上がることはありません。

 

バレーボール瞬速上達塾 代表の川端さんは言います。

 

「背筋、腹筋、下半身強化などの筋トレ。

これらの筋トレをすることも大切だが、

 

その前に、『体全身を合理的に使ったスパイクの打ち方』を

選手たちに教えてあげるべきだ。

そうすれば、スパイクの打点が10㎝は自然に上がる」と・・。

 

体全身を合理的に使う方法を知り、

指導を実践するときのポイントを理解した上でアドバイスをする。

 

これがスパイクの打点を上げるための

「適したアドバイス」になるのです。

 

踏み切るときの胴体部の使い方も

体全身を合理的に使い、最高到達点を上げるための

1つのポイントになります。

 

では、胴体をどのように動かし、

どのようにアドバイスをすれば、

スパイクの打点を上げることにつながるのか?

 

こちらの動画をご覧ください。

バレーボール瞬速上達プログラム3~スパイクの打点を10㎝上げる方法~